中台の緊張がかつてなく高まっていると報じられている。

 また米中の鍔迫り合いも厳しさを加えている。その背景にはどのような情勢変化や意図があり、今後どのように進展するのであろうか?

高まる中国と米台の緊張

 海上自衛隊は10月4日、10月2日と3日に日本、米国、英国、オランダ、カナダ、ニュージーランドの6か国の海軍が、「自由で開かれたインド太平洋地域」の実現に向けて、互いの作戦能力や海上での協力関係を強化するため、沖縄南西海域で合同軍事演習を行うと発表した。

 さらに英国防省は5日、英海軍の空母「クイーン・エリザベス」が南シナ海において、友好国である米日豪加、ニュージーランド計5カ国の艦艇および航空機と共同で訓練を行うと発表した。

 これに対し中国国慶節連休の10月1〜4日、中国機の台湾ADIZ(防空識別圏)進入は計149回となった。

 台湾空軍は中国機が進入すれば戦闘機を対応出撃させて警告放送をする一方、対空ミサイル防衛システムで監視に入ったと発表した。

 中国は今年に入って200日間、台湾ADIZに進入している(https://gunosy.com/articles/eZxxi, accessed October 19, 2021)。

 特に、米英の空母打撃群が、台湾の南方沖を経由して南シナ海を航行した10月4日はそのピークに達した。

 同日、台湾国防部(国防省)は、中国の戦闘機36機、核爆弾を搭載可能なH6型爆撃機12機、その他4機が台湾南西部の防空識別圏に進入したことを受け、台湾軍機を緊急発進させて警告したと説明。

 夜間にはさらに戦闘機4機が防空識別圏に入り、進入機の数は計56機になったと発表している(『AFPBB News』2021年10月5日)。

米原潜「コネティカット」の衝突事案
米中の不透明な動向

 そのような緊張状態の最中、米海軍は10月7日に、10月2日午後、シーウルフ級攻撃型原潜の「コネティカット」が、「インド太平洋域の公海上」を潜水した状態において航行中、何らかの物体と衝突したと発表した。

 米国メディアなどは、米政府関係者の発言を引用して、衝突した場所が南シナ海の国際海域だったとしている。

 米海軍協会(USNI)のニュースサイトによれば、コネティカットの乗組員11人が負傷した。

 コネティカットの原子炉などは正常に稼働しており、10月8日にグアムの米海軍基地に戻ったと報じられている(https://forbesjapan.com/articles/detail/43832, accessed October 19, 2021)。

 今回のコネティカットの衝突事案は、海山か海底油田などの水中構築物に接触したのかもしれないが細部は不明である。

 2021年2月に四国沖で発生した「そうりゅう」潜水艦の衝突事案と類似している点があるのかもしれない。

 例えば、ソナーの死角となる潜水艦の背後から大型貨物船の曳航物などが接近し、浅海を航行中の潜水艦と接触した可能性も考えられる。