(羽田 真代:在韓ビジネスライター)

 11月26日、韓国・京畿道(キョンギド)教育庁が北朝鮮の子供たちの学校生活を紹介する漫画を公式インスタグラムに投稿したところ、「北朝鮮を称賛している」という批判が国民から相次ぎ、投稿わずか20時間で削除するといったトラブルが起きた。

 京畿道教育庁はこれまでにも、学校で起きた出来事を漫画にしてSNSに投稿してきた。

 今回、批判を受けた漫画は「北朝鮮の友達がうらやましい!」と題したもので、全10カットで構成されていた。SNSには合わせて「#教育青春」「#北朝鮮の友達がうらやましい」というハッシュタグもつけられており、わざわざハッシュタグをつけた点にも、批判の声が集まっている。

 この漫画は、京畿道のある小学校2年生の担任教師が、京畿道教育庁に送ったエピソードを基に作られている。

 この教師は、授業の中で韓国の学校と北朝鮮の学校の違いを紹介した上で、「北朝鮮では給食がなく、代わりに持参した弁当を食べるか、昼食時間に家に帰って食事をする」と説明した。また、北朝鮮の学校行事を紹介するため、教師は子供たちが遠足や運動会に興じている写真を子供たちに見せたという。

 韓国では、新型コロナウイルスの影響でこの2年間、登校することすらままならなかったことから、子供たちは北朝鮮をうらやましく感じただろう。

 この教師はさらに、北朝鮮では「先生が一度担任を受け持てば、生徒らが卒業するまで変わらない」と説明。それを聞いた子供たちは「うわぁ〜。僕は本当に北朝鮮に行きたい」「行きたい人、手を上げて〜」と反応した。漫画には、子供たちの反応を見た教師が感動して目を潤ませる場面まで描かれている。

 冒頭でも述べた通り、この漫画はSNSに投稿されてから、わずか20時間で削除された。

 中央日報系のJTBCニュースによると、京畿道教育庁関係者は、「誤解を招く文句が含まれていたために削除した」と説明した上で、「今後は慎重に判断し、誤解を与えないようにしたい」と言及した。

 ただ、投稿された漫画を見ると、誤解などどこにもないことが確認できる。