「ワクチン接種が進めば前の生活に戻れるはずだったのに…」

 韓国で、コロナ感染者の増加が止まらない。オミクロン株の新規感染者も毎日出ている。

 政府はワクチン接種証明の利用拡大と追加接種のスピードアップを図るが、重篤・重症者増加や病床不足も深刻になってきた。

 1日の新規感染者数が数日内に6000人台に達するとの報道も出ている。

 2021年12月6日から、食堂やコーヒーショップを何人かで利用する際、ワクチン接種を完了していることが必要になった。

 政府が発行しているワクチン接種証明アプリなどを使うことになった。

韓国にはワクチン接種券なし

 これまでは、スポーツクラブやサウナ、「接待を伴う飲食店」など一部だけで利用していたが、この日からその範囲が一気に拡大する。

 12〜18歳までは、2022年2月1日から適用になる。

 さらに、今のワクチン接種証明には、「6か月間」の有効期間がつくことになった。

 ワクチンの有効性が徐々に低下するためで、これと併せてブースター(追加)接種も急いでいる。

 筆者にも、「ブースター接種の予約ができます」というメッセージがスマホに届いた。韓国には、もちろん「ワクチン接種券」などというレトロな郵便物はない。