(石井 友加里:韓日・日韓翻訳家)

 2021年11月から「段階的日常回復(ウィズコロナ)」を実施中の韓国が危機に瀕している。1日に約5000人の新規感染者数を記録し、重篤者や死亡者、病床数のひっ迫などさまざまな問題が起きている状態だ。12月8日には7000人を突破した。

 さらに、危機感を抱かずにいられないのは、ワクチン未接種の子供たちの安全だ。

 小・中学生の感染者が1日平均500人を超える中、韓国教育部は11月29日から12月5日までの1週間で、合計3948人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。内訳としては、小学生が1957人、中学生が1262人と、小中学生が大部分を占めている。

 小学生の子供を持つ筆者の実感として、コロナはこれまでになく子供の日常生活を脅かしている。ソウル市および首都圏では、11月22日より小中学校の全面登校を実施しているが、ソウル市教育庁によると、11月29日から12月5日の間に新たに1450人の感染者数を記録。その半数以上を占めるのが小学生である。

 感染者とその接触者を漏れなく探し出して検査と隔離を実施し、ウイルスの拡散防止に尽力してきた「K防疫」は、流行の初期段階では効果を得て評価されてきた。その「K防疫」が非常事態である。今回は韓国の子供たちが直面している問題について考察したい。