(北村 淳:軍事社会学者)

 中国は「パルス・ライン」と呼ばれている生産ラインをフル稼働させてJ-20“マイティドラゴン”ステルス戦闘機を猛スピードで生み出しているようだ。

 パルス・ラインは、航空機の生産をスピードアップさせるための製造ライン方式であり、アメリカのボーイングやロッキード・マーティンなどが戦闘機や軍用輸送機の製造に採用している。エアバスもこの方式によって大型旅客機製造の効率化を図っている。

 J-20戦闘機はアメリカのF-22戦闘機ならびにF-35戦闘機に対抗するために中国が開発した第5世代ステルス戦闘機である。アメリカ軍(空軍、海軍、海兵隊)が、F-35戦闘機の調達を開始し、日本を中心として極東に展開する米海軍や海兵隊、それにやがては米空軍にもF-35が展開することになるのを睨んで中国はJ-20の開発生産を急いだ。

 アメリカだけではなく日本や韓国もF-35の調達を始めたため、J-20の生産スピードは加速され、2022年春時点で中国空軍は少なくとも208機のJ-20を手にしたと推定されている。

 ただしF-35にはトラブルが続出しているため、アメリカ軍のF-35調達は予定通りに進んでいない。ちなみにアメリカ空軍は1763機、アメリカ海兵隊は420機、アメリカ海軍は273機の合計2456機を調達する計画であり、これまでのところ空軍には302機、海兵隊には114機、海軍には26機が引き渡されている。