(福島 香織:ジャーナリスト)

 中国全土で燎原の火のように「白紙運動」「白紙革命」が広がっている。おそらくすでに、天安門事件の原因となった民主化希求の学生運動以来の規模となっている。

 原因は長期にわたるゼロコロナ政策への不満の蓄積であり、導火線は11月24日のウルムチ大火災だった。この運動の行く先に何が起きるのか、世界が緊張感をもって見つめている。

続々と集まる「白紙」を持った学生たち

 運動の始まりとなる南京伝媒学院で撮影された11月26日の動画はもうご覧になっただろうか。

 学院キャンパス内の鼓楼前で、白紙を掲げて無言で女子学生が立っていた。そこに指導員(教師)がやってきて、その白紙を取り上げたが、女子学生は白紙を持っているように手を構えたまま立ち続けていた。その様子を撮影していた別の女子学生が問う。「なぜ白紙を奪うの?」。指導の教師は「白紙に何の攻撃力があるというのか?」。

 このシーンは旧ソ連のある諷刺的な笑い話を思い起こさせる。

 モスクワの赤の広場で、男がチラシをまいている。官憲が男を逮捕したら、チラシは白紙だった。白紙をばらまいても逮捕されるのか? と男が問うと、官憲は言う。「お前が白紙に何を書こうとしていたか知っているぞ」──。