東京五輪のテストレースとなるハーフマラソンが2021年5月5日、札幌の五輪マラソンコースをベースに開催されることが正式に決まった。日本からは五輪代表に内定している男女6人うち5人が出場予定だという。コロナ禍が拡大しているタイミングだけに、いろいろ心配の種が尽きない。

市民レースは中止

テストレースの開催は4月19日、東京五輪・パラリンピック組織委員会などが発表した。札幌市などが、このテストレースと同時に開催を予定していた10キロの市民マラソンについては、コロナ禍が拡大していることを受け、中止することになった。

札幌でのハーフマラソンは、主として本番の運営面を確認するテスト大会として企画されたもの。本番のマラソンコースは周回型で、最初の1周がハーフマラソンとほぼ同じになっている。代表選手にとっては、またとない「実走」のチャンスだ。

共同通信によると、ハーフマラソンには、五輪内定選手や実業団、海外のトップ選手ら約160人が参加予定だった。新型コロナの拡大で人数を100人前後に縮小し、沿道での応援を自粛要請して実施するという。

このところ北海道でも新型コロナの変異株の感染者が増加、札幌市内での不要不急の外出自粛要請が5月14日まで延長されたばかり。それだけにネットを見ると、ハーフマラソン開催決定については、不安や疑問を感じている人が少なくないようだ。4月20日の朝日新聞には、地元の看護師の懸念の声が掲載されている。

海外拠点の大迫傑選手は不出場か

さらにコロナ禍が国内だけでなく世界的に拡大基調にあることも、影を落とす。4月19日のブルームバーグによると、世界で過去1週間に新型コロナウイルスに新たに感染した人は520万人を超えた。コロナ発生以来、週間ベースで最多となっている。

朝日新聞によると、日本の五輪内定者の中から男子は中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)の両選手、女子は前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)、一山麻緒(ワコール)の3選手が出場する。海外を拠点とする大迫傑選手(ナイキ)は今のところ出場予定リストには入っていない。

このほか、東京五輪の補欠に選ばれている大塚祥平(九電工)、橋本崚(GMO)、松田瑞生(ダイハツ)の3選手も参加する。海外勢については現在、9か国の13選手と調整しているという。

周知のように政府は外国人の入国について厳しい姿勢で臨み、水際対策の強化を続けている。上陸拒否対象国・地域はきわめて多い。プロ野球では「助っ人」外国人の入国が難航した。果たして海外の有力な選手が多数テストレースに参加できるのか――。ほとんど日本人選手だけで本番コースを試走することになると、不公平感が募り、フェアではないというブーイングも起きかねない。大会関係者は開催当日まで緊張を強いられることになりそうだ。