日本デザイン振興会(東京都港区)は、「2021年度グッドデザイン賞」の応募を受付中だ。ウェブサイトから申し込みでき、締切は2021年5月26日。

コロナ禍で、「ニューノーマル」や「ポストコロナ」を見据えた新たな動きも見られるなか、これからの社会に向けた提案や、「人々のより良い暮らしの実現」を目指すデザインの応募が期待されている。

ただそこにいてほしい家族型ロボット

2020年度は4769件の応募があり、うち1395件が受賞した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛によって増えた、「おうち時間」や「テレワーク」を、より充実したものにするデザインにも注目が集まった。

例えば、GROOVE X(東京都中央区)の家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」。 「家族」として、ただそこにいてほしい存在を目指して開発された。効率や便利さではなく、抱いたときの心地よさや、愛くるしい仕草を追求しており、人の気持ちを優しく揺さぶって、幸せな気持ちで満たしてくれる。「アフターコロナ」においても活躍が期待されている。

イトーキ(東京都中央区)の「バーテブラゼロサン」は、毎日の「働く」と「暮らす」をもっと楽しく、自由な働き方をサポートするワークチェア。自然と正しい着座姿勢に導くメカニズムで快適な座り心地と軽快なフォルムを両立している。

世界初「持ち運べる水再生処理プラント」

大賞には、自律分散型水循環システム「WOTA BOX」が選ばれた。WOTA(東京都豊島区)のデザインで、世界初の「持ち運べる水再生処理プラント」。生活排水を98%以上再利用し、上下水道いらずの水利用を可能にする。人や場所を選ばず、環境にも優しい水インフラだ。

21年度は、総勢約90人の審査委員が多様な視点から応募対象を選考する。受賞結果の発表は、10月20日。「ベスト100」に選ばれたデザインは、同日から東京ミッドタウンで開催する「グッドデザイン・ベスト100展」で一般公開する。

ロングライフデザイン賞の応募受付も開始

日本デザイン振興会は「2021年度グッドデザイン賞」に加えて、「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」への応募も、2021年5月26日まで受け付けている。10年以上にわたって継続的に提供され、今度も変わらずに生き続けると想定できる商品や建築、コンテンツ、サービスが対象だ。

商品などのメーカーやデザイナーからの応募だけでなく、一般ユーザーも推薦も受け付ける。期間は21年4月30日まで。

ロングライフデザイン賞には「エントリーサイト」で必要事項を登録することで応募可能。受賞発表は10月20日だ。