高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種で、インターネットや電話での予約が各地で機能していない。

2021年5月6日午前からは、東京都や埼玉県の複数の市区町村で受付が開始。しかし、ネット予約はシステムの不具合が相次いだ。電話予約は回線が混み合いなかなかつながらず、大混乱となった。

開始直後からつながらない

東京都足立区は、集団接種の予約の受付を21年5月6日朝8時からコールセンターと専用サイトで開始。この直後から電話とアクセスが集中し、つながりにくい状態に。同日、足立区の公式サイト上には、混雑のため「時間をおいてから改めてご予約をお願いします」と断り書きが掲載された。北区では同日9時から75歳以上を対象に受付をスタートしたが、同じく混み合い、時間を置いてから再度アクセスするようサイト上で呼び掛けた。

江戸川区では電話予約を同日より開始したが、16時42分時点で公式サイト上に「5月分の電話予約分は予約数に達しました」と記載がある。埼玉県川越市でも回線が混雑したほか、すでに予約受付可能枠が一杯となっていた。公式サイトには「次回の接種予約受付開始日時は、5月21日頃の予定となります」と出ていた。

神奈川県横浜市は、一足早く今月3日に予約開始したが、専用サイトにアクセスが集中して受付そのものを中断した。5月4日付の毎日新聞電子版によると、1分あたりに最大100万件を想定していたアクセスが開始直後に約200万件に上り、45分で中止したという。 ツイッターには、高齢者にはネットでの情報入力が難しい、祖父母の代わりに予約に挑戦したが完了までに何時間もかかった、アクセスできた時にはすでに予約終了していた、など苦戦する投稿が目立つ。

「金銭払えば、優先的に」はウソ!

電話殺到による余波も生じたようだ。

東京都内では、21年5月6日午前に電話の通信量が増え、NTT東日本が都内の固定電話への着信を一時制限した。正午までに解除されたが、2時間半余りにわたってつながりにくい状況となった。

複数の報道によると、新型コロナのワクチン接種の予約のため、一時的に通信量が増えたとみられる。

ワクチン接種に絡んだ詐欺まで発生している。

消費者庁によると、「金銭を支払えば、優先的にワクチンが受けられる」、市役所を名乗り、「新型コロナワクチン接種券を送るので家族の人数を教えてほしい」との電話があったといった相談が消費者センターには寄せられている。

接種を受ける際の費用は全額公費でまかなわれ、無料だ。金銭が発生することはない。

また接種については住まいの市区町村から「接種券」と案内が届くようになっている。同庁は、「電話・メールで個人情報を求めることはありません!」と強く注意を促している。