パソコンおよびタブレットなどを手がけるレノボ・ジャパン(東京都千代田区)は、Androidタブレット「Yoga Tab 13(ヨガタブ・サーティーン)」「Yoga Tab 11(ヨガタブ・イレブン)」2モデルを2021年8月6日に発売する。

画質とサウンドを強化、エンターテインメントを堪能

いずれも前モデルから画質やサウンド面を強化し、動画やゲームなどエンターテインメントを楽しめるという。OSは「Android 11」をプレインストール。音声アシスタント「Googleアシスタント」を搭載し、スマートディスプレーとしての利用が可能。顔認証による"ゼロタッチログイン"が可能だ。

立体音響「ドルビーアトモス」に対応した4つの「JBL」スピーカーを備える。折りたたみスタンドを内蔵し、タブレット/スタンド/チルト/ハングの4つのモードで使用可能だ。

「Yoga Tab 13」は、10点マルチタッチ、「ドルビービジョン」対応の13.0型2K(2160×1350ドット)液晶ディスプレーを搭載。

インターフェイスはDisplayPort対応のUSB 3.1 Type-CとmicroHDMI入力端子を装備し、パソコンのセカンドモニターやゲーム機のディスプレー、モバイルモニターとしても活用できる。

メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。800万画素の前面カメラ、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN、Bluetooth 5.2をサポートする。

市場想定価格は8万7780円前後(以下全て税込)。

「Yoga Tab 11」は、10点マルチタッチ対応の11.0型2K(2000×1200ドット)液晶ディスプレーを搭載。背面に手触りの良いファブリック素材を使用。別売の「Lenovoプレシジョンペン2」にも対応する。

インターフェイスはUSB 2.0 Type-C、microSDカードリーダー。いずれも800万画素の前面/背面カメラを装備。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。

市場想定価格は、メモリー4GB/内蔵ストレージ128GBモデルが4万2900円前後、メモリー8GB/内蔵ストレージ256GBモデルが4万9500円前後。