ウォルト・ディズニー・ジャパンは、2022年版のカレンダーと手帳を全国のディズニーストア店舗で2021年8月10日から順次販売する。ディズニー公式オンラインストア「shopDisney」では、8月6日に先行発売。

リングノート「Rollbahn(ロルバーン)」を手掛ける日本のステーショナリーメーカー「デルフォニックス」や、ドイツの老舗文房具メーカー「KUM」との共同企画商品が登場する。

「ダンボ」を模したフィギュアカレンダー

壁掛けや卓上のカレンダーだけでなく、マグネットクリップ付きの壁掛けタイプや、「ダンボ」を模したフィギュアカレンダーも。手帳には、マンスリータイプやシステム手帳のほか、1日の予定を詳しく書ける「バーチカルページ」がついた製品、書き込みしやすいブロックタイプが出る。

KUMと共同企画した手帳は、「ミッキーマウス&ミニーマウス」と「チップ&デール」がモチーフになった2種類展開で、ページ内にもキャラクターがあしらわれている。小物の収納ができるファスナーポケット付きだ。

「ロルバーンダイアリー」は、今年も発売される。Mサイズは、「ミッキー&フレンズ」と「くまのプーさん」からプーさんとピグレットが描かれた2種類、Lサイズは「ふしぎの国のアリス」と、ディズニープリンセスが登場する6作品をデザインした2種類だ。

価格は、カレンダーは壁掛けとマグネットクリップ付きがいずれも1980円。ポップアップデザインの卓上は1760円、2か月同時タイプは1100円、フィギュアカレンダーは3080円だ。手帳は、マンスリー・バーチカルタイプが1760円で、KUMとの共同企画品が1540円、ロルバルーンダイアリーは1540円で、それぞれ税込み。