K-POPアイドルグループ・東方神起が、日本の地上波テレビ番組に「復活」する。音楽特番「2021FNS歌謡祭」(フジテレビ系列)に2021年12月1日夜、登場する。

東方神起の番組出演は、約2年ぶりだ。

新型コロナで日本の活動休止

東方神起は、日本で最も人気があるK-POPアイドルグループの1つ。19〜20年には、4度目の全国5大ドームツアーを開催した。しかし、2020年春先から新型コロナウイルスが流行し始めると、日本での活動は事実上休止を余儀なくされた。

日本のテレビ出演は、2019年12月放送の「2019 FNS歌謡祭」が最後だ。

ところがここに来て、長期間の沈黙を破る。2021年12月8日から3か月連続でミニアルバムをリリースすることが決まり、11月18日には「2021FNS歌謡祭」への出演が決定した。

ツイッター上では、ファンたちが「ようやく会える」「絶対見る」「どんな素敵な姿が見られるのかな?」と大喜びだ。

実は、2009年に東方神起を脱退し、現在はK-POPアイドルグループ・JYJで活動するジェジュンさんも12月8日の「2021FNS歌謡祭」第2夜に出演する。別の日ではあるが、かつての仲間が日本の同じ歌番組に姿を見せる。東方神起のファン「Bigeast」にとって、格別な「2夜」になるだろう。