森永乳業は、チルドカップコーヒーブランド「マウントレーニア」より、日本全国8つの花火大会とコラボレーションしたパッケージの「マウントレーニア カフェラッテ ノンシュガー」〜深い癒やしパッケージ〜(計8種類)を2021年11月29日より全国で販売している。

コロナ禍でストレスを抱える人々に対し「深い癒やし」を届ける年間プロジェクト「マウントレーニア 深い癒やしプロジェクト」の春、夏に続く冬の企画。プロジェクトスタートに伴って日本各地の8つの花火大会の代表者を招き、神奈川県川崎市の河川敷に特設された会場で発表会を11月29に開催した。22年の花火大会実施へ願いを込め、176発(22年×8大会)の花火が夜空へ打ち上げられた。

冬の夜空を彩る花火もまた一興

森永乳業の執行役員・営業本部副本部長の篠原誠氏は、イベント冒頭で「多くの人にとって2021年は少し心残りのある1年だったと思います」とコメント。だからこそ、今夏に打ち上げられる予定だった花火に、大会関係者らと共に思いを込め、多くの人に深い癒やしを届けたいと話した。

各大会の代表者らによるトークセッションでは、花火大会の醍醐味や、二年連続で中止になっている現状を踏まえた思いが語られた。

「打ち上げ終わった瞬間に観客席から、ものすごい歓声と拍手が地響きのように響き渡ってきます。この時に花火大会をやってよかったなととても思います」
「コロナ禍で飲食店などの商店が疲弊している状況です。来年こそはコロナが収束し、平和を祝った花火大会を開催し、街の中で食事をして楽しんで欲しいです」

いざ、打ち上げ。間近で見上げた花火は、まさしく大迫力。音が腹に響くほどだ。また、真夏と違い、冷えて澄んだ空を彩る花火は趣が違って感じられる。記者はコロナ禍以前には毎年、複数の花火大会に足を運んで楽しんでいたが、昨今はなかなかお目にかかれないだけに、感動もひとしおだった。

花火のAR映像を楽しめる体験型パッケージ

「マウントレーニア カフェラッテ ノンシュガー」〜深い癒やしパッケージ〜では、各花火大会の象徴的なシーンを表現している。またQRコードを読み込むことで、今年上がるはずだった花火をAR映像で楽しめる仕掛けがなされている。

パッケージに掲載されている花火大会は以下の通りだ。

1 全国花火競技大会「大曲の花火」(秋田県)
2 土浦全国花火競技大会(茨城県)
3 隅田川花火大会(東京都)
4 長岡まつり大花火大会(新潟県)
5 長良川花火大会(岐阜県)
6 天神祭奉納花火(大阪府)
7 なにわ淀川花火大会(大阪府)
8 関門海峡花火大会(福岡県・山口県)

なお同社は、花火大会関係者への支援として、売り上げの一部を寄付すると発表している。