人気漫画「遊☆戯☆王」の作者・高橋和希さんが亡くなった。2022年7月7日に複数メディアで報じられている。作中の内容をもとにしたトレーディングカードゲーム「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム(OCG)」が有名だ。

訃報が報じられた7日、フリマアプリ「メルカリ」上では変化が。高橋さんがデザインを描き下ろした「遊戯王カード」が少なくとも10件以上、高値で販売され始めたのだ。

1000円以下で買えたのに「7999円」

「ブラック・マジシャン」という有名なカードがある。デザインのバリエーションが、複数存在する。「週刊少年ジャンプ」(集英社)の2009年3号には、高橋さんが描きおろしたバージョンが雑誌付録として同梱された。白い背景の中に「ブラック・マジシャン」がたたずみ、絵柄の右下に高橋和希さんの名前を意味するのか「Kaz」というサインが入っているのが特徴だ。

このカードの中古品を、メルカリで検索した。「半年以上前」と時期が表示されている出品では、他のカードとの2枚セットで「900円」(税込み、以下同)とのケースがあった。「4か月前」の出品では単体で「550円」「777円」、「1か月前」では1000円の出品があり、相場の価格は目立ったものではなかった。

ところが高橋さんの訃報のあった7月7日には、4000円以上の価格を付けてのサイン入り「ブラック・マジシャン」が10件以上出品されている。見た限り、もっとも高額な例では7999円だ。

「もう悪質な転売ヤーが」怒りの声

別の有名カード「ブラック・マジシャン・ガール」でも同様の現象が。こちらにも、複数のバリエーションが存在する。

2009年3月14日発売の「遊戯王 ANNIVERSARY PACK」(希望小売価格300円)というパックには、特別デザインの「ブラック・マジシャン・ガール」が収録された。絵柄には「Kaz」というサインが入っている。

高橋さんがデザインに関わったのか、遊戯王OCG公式サイトには記載がない。ただ、非公式ファンサイト「遊戯王カードWiki」によると、同パックには「原作で登場したカードが、高橋和希氏描き下ろしの新イラストで収録」されているとのことだ。

そのカード。メルカリでは中古だと「半年以上前」の出品で2枚777円、1枚で1100円、「1か月前」には340円といった価格で買えた。

しかし7月7日には「3980円」といきなり高騰。高額な事例では「9000円」といった具合で、2000円以上での出品が10件以上登場している。

こうした状況に、ツイッター上では「もう悪質な転売ヤーが出品を開始している」「(高橋さんの)訃報が流れてから嫌な予感はしたが...」と、転売行為に呆れる声が複数出ている。