フリーで同一4回転1度に=ISU改正案、総会で審議

 国際スケート連盟(ISU)は16日、スペインのセビリアで6月4〜8日に開く総会で審議する議題を発表し、フィギュアスケートではフリーで跳べる4回転ジャンプを1種類につき1度に制限する改正案が入った。技を評価する出来栄え点(GOE)を、現行の3点からマイナス3点まで1点刻みの7段階から、5点からマイナス5点までの11段階に拡大する案も審議する。

 4回転ジャンプはこれまで2種類までは単発と連続ジャンプで2度組み込めた。プログラムの多様性を確保しながら、多くの種類の4回転を跳べる選手が有利となることが改正の狙い。

 ペアでは世界選手権でフリーに進める枠をショートプログラム上位16組から上位20組に拡大する改正案が入った。アイスダンスではショートダンスからリズムダンスへの改称を審議する。

 スピードスケートと、スピードスケート・ショートトラックの四大陸選手権新設も検討する。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索