復帰は名古屋に限定せず=7場所連続休場の稀勢の里に―横審委員長

 大相撲夏場所5日目の17日、横綱審議委員会の北村正任委員長が東京・両国国技館で取材に応じ、左胸の痛みで7場所連続休場となった稀勢の里に対し、7月の名古屋場所の出場を必ずしも求めない意向を示した。

 北村委員長は「次に出てくるときにはしっかり自分を整えて、自信を持って出てほしい」と前置きした上で、復帰時期について「名古屋場所に限定しているわけではない」と述べた。

 年6場所制となった1958年以降、横綱の7場所連続休場は、いずれも全休した貴乃花に並んで最長。名古屋場所も休んだ場合について北村委員長は「今までにない話。横審で何か意見を言うかもしれないが、そこはまだ分からない」と話した。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索