錦織、3回戦へ=大坂は敗退―イタリア国際テニス

 【ローマ時事】テニスのイタリア国際は16日、ローマで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング24位の錦織圭(日清食品)は同4位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に6―7、7―5、6―4で逆転勝ちした。3回戦では世界28位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。

 錦織は第1セットのタイブレークを7―4で落としたが、第2セットを奪い返した。最終セットは劣勢から巻き返し、5―4で迎えた第10ゲームをブレークした。

 女子シングルス2回戦では世界21位の大坂なおみ(日清食品)が同1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に1―6、0―6で完敗した。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索