スポーツ庁とゲイツ財団が連携=五輪機運にSDGs達成を

 スポーツ庁と米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が共同会長を務める「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」は9日、国連が掲げる「持続可能な開発目標」(SDGs)をスポーツの力を活用して達成することを目指し、パートナーシップを結んだと発表した。2020年東京五輪・パラリンピックの機運高まりに合わせ、世界の貧困や飢餓の解消、質の高い教育の提供、男女平等の実現などに取り組む。 


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索