加藤浩次 新事務所の名称が話題「深野さん」彷彿で泣く人も

加藤浩次 新事務所の名称が話題「深野さん」彷彿で泣く人も

極楽とんぼの加藤浩次(50)が10月13日に配信された「極楽とんぼのタイムリミット」(AbemaTV)で吉本興業とエージェント契約を交わし、今後は個人事務所「有限会社加藤タクシー」に所属し活動するようになったと発表した。その不思議な社名に、ネットが沸いている。

番組で「10月1日から、私はもう大手事務所じゃないですから。『有限会社加藤タクシー』の社長兼タレントです」と明かした加藤は「吉本さんをエージェントとして仕事の契約を結ぶというだけのこと」と説明した。

また山本圭壱(51)から「タクシー会社をやっているわけじゃないですよね?」と訊ねられると、加藤は「タクシーは一切やってないです。会社の名前が『有限会社加藤タクシー』なだけ」とコメントした。

Twitterではその社名から《加藤タクシーってなんや》《加藤タクシーとは??》《加藤タクシー、何ゆえダミー会社みたいな命名にした》と不思議がる声が。そのいっぽうで、こんな声も上がっている。

《有限会社加藤タクシーか。あ、義理のお父さんがタクシー業だからかな?》 《加藤さん、個人事務所の名前が加藤タクシーなの、再婚されたお母さんのご主人がタクシー運転手だったからかなぁ。めちゃイケで会いに行ってたの思い出した》 《休憩しながらパンかじりながらネット見てたら「加藤タクシー」で深野さんを思い出しておっちゃんガン泣き》

そう「加藤タクシー」という名称から、加藤の義父でありタクシードライバー業を営んでいた「深野さん」を思い出す人が続出しているのだ。

「母子家庭で育った加藤さんですが大人になってから突如、お母さんと深野さんの結婚を知らされました。当初は複雑な気持ちを抱きましたが、次第にメディアでも仲睦まじい様子を明かすように。ラジオ番組でも深野さんが加藤さんのお母さんと同じお墓に入るために深野家ではない別の墓を購入していたと明かしていました。加藤さんにとって深野さんは一目置く存在。深野さんは15年10月に亡くなりましたが、その関係性から加藤さんのファンの記憶に今でも強く残っているようです」(テレビ局関係者)

新たな「タクシー」に乗り、加藤はその道を進む。


関連記事

女性自身の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る