1月19日、松本潤(37)が23年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で主演を務めることが発表された。

脚本を手がけるのは、ドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ系)や『コンフィデンスマンJP』シリーズなどで知られる古沢良太氏(47)。徳川家康を“現代に通ずるリーダー像”にアップデートし、幅広い世代が楽しめるエンターテイメントとして描くという。

NHK公式サイトに掲載されたコメントによると、松本は「初めにこの話を聞いたのは昨年の11月」と告白。そして「嵐として2020年いっぱいまでは走り切りたいと思ってた僕は、これだけの大きな事を決めることはできないと思い、結論を待っていただきました」と、葛藤ぶりを明かした。

しかし「年が明けてから今一度考えました」とし、「嵐という船を一度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとってこんなに大きな挑戦はありません」と決意を語っている。

初出演となる大河ドラマで主演を務める松本。昨年末をもって活動休止した嵐だが、これまで大河ドラマに出演したメンバーはいない。嵐は複数の番組や大規模なコンサートを抱えていたため、映画やドラマのスケジューリングが容易でなかったという。

「その多忙さは、現場でもはっきり見て取れるほど。18年1月から放送された松本さん主演の『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』(TBS系)は夏から秋にかけて撮影。嵐のドームツアーを挟んで、年明けから撮影を再開するというハードさでした。松本さんはブランクを埋めるため、正月早々から共演者に『台本読みの練習をしませんか?』と呼びかけたといいます」(テレビ局関係者)

放送中の『麒麟がくる』(NHK)で主役の長谷川博己(43)が撮影開始したのは、19年6月3日。しかし新型コロナウィルスの影響で約3カ月の制作休止を余儀なくされ、クランクアップしたのは昨年12月27日だった。制作休止期間を除いても、実に1年以上の拘束となった。

日刊スポーツによると、『どうする家康』の撮影は来夏から始まるという。過密スケジュールになることが予想されるが、松本にとって役者に注力する“新境地”となるようだ。

「嵐の活動が続いていたら、挑戦することは難しかったでしょう。かつて松本さんは嵐や役者などの両立に、『どの分野もまだ発展途上』と自己評価していました。それゆえ“ひとつのことに集中できる”という環境は、演技力の向上にもつながるのではないでしょうか。

これまでも『仕事は全て共同作業で成り立っている』と語っていたように、松本さんは共演者やスタッフとのコミュニケーションを大切にする人。それに加えて、細部にこだわりながらも全体を見る“演出家”としての視点も持っています。松本さんを座長として、強力なチームの誕生が期待できます」(芸能関係者)

NHKの公式サイトでも、「周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります」と松本を絶賛。新天地での出会いは、松本にとって大きな財産となるだろう。