マスクの上からスーパーマリオのヒゲをつけ、あごでピースサイン。ご機嫌な自撮り写真を、4月3日にインスタグラムにアップした、きゃりーぱみゅぱみゅ(28)。

写真の背景と、一緒に投稿された《SUPER NINTENDO WORLD》というコメントから、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で3月18日にグランドオープンしたばかりの新エリアを満喫したことがうかがえる。

「彼女はUSJが好きでたびたび訪れていますよ。7年ほど前には、当時の恋人、SEKAI NO OWARIのFukaseさん(35)とのUSJデートを報じられたこともあります。今回は前日に大阪で仕事があったので、東京に帰ってくる前に、息抜きに訪れたんでしょう。4月中旬には約1年2カ月ぶりに有観客ライブを開催するので、今後はその準備で本格的に忙しくなりますからね」(芸能関係者)

投稿写真に写っていたのは、きゃりー一人だが、この息抜きには、どうやら同行者がいたようだ。本誌は、同日の夜10時ごろに東京・品川駅の新幹線ホームに降り立つ彼女の姿を目撃している。

薄紫色のブラウスに黒のパンツ姿のきゃりーは、ショルダーバッグ1つの軽装。右腕には豚まんが大阪土産として有名な「551蓬莱」の紙袋をかけていた。

すぐ後ろを歩いていたのは、スーツケースを引き、USJの大きな手提げ袋を肩にかけた若い男性。昨年、きゃりーとの交際が報道された、俳優の葉山奨之(25)だ。

身長158センチのきゃりーに対し、葉山は178センチと頭ひとつ以上大きい。3歳年上のきゃりーが先導するように、一歩前を歩いていった。

「きゃりーちゃんのものらしきパステルピンクのスーツケースを、彼が引いて後ろからついていく様子に“尻に敷かれているのかな”と思いました(笑)。外に出たら、彼がすぐに手を上げて、タクシーを拾っていて。てきぱきとトランクに荷物を積み込むのを、きゃりーちゃんは横でじっと見守っていましたね」(居合わせた一般客)

2年半前にはテレビで恋愛観を聞かれ「年下とは付き合わない」と、はっきり語っていたことがあるきゃりー。この1年、“荷物係”も辞さない、優しい葉山の尽くしぶりを受けて、年下男性の魅力に目覚めたのかもしれない!

「女性自身」2021年4月27日号 掲載