東出昌大(33)主演映画『草の響き』が今秋に公開されるとわかった。

各メディアによると、本作は北海道・函館の映画館「シネマアイリス」の代表・菅原和博氏による企画・プロデュース。東出は昨年11月にクランクインし、全編函館でのロケを敢行したという。

菅原氏は東出の起用について、「若かりし頃の佐藤泰志の分身のような男が、函館の街を一人黙々と走る。そのイメージを考えた時に、東出昌大さん以外に思いつかなかった」と太鼓判を押したという。

「本作は、函館出身の作家・佐藤泰志さん(享年41)が原作者です。昨年は佐藤さんの没後30年にあたり、同時に『シネマアイリス』が25周年を迎えた記念として本作が製作されたのです。これまでも同館は市民と協力しながら、佐藤さんの作品を映画化してきました。今回で5作目となり、市民から募った寄付金の大半は製作費に充てられたといいます」(映画関係者)

東出が主演を務めるのは、18年に唐田えりか(23)と共演した映画『寝ても覚めても』以来3年ぶり。昨年1月に不倫騒動で世間を騒がせた東出と唐田だが、役者としての明暗が分かれているようだ。

「東出さんは不倫発覚後、出演していた4社のCMを降板。3人の子どもをもうけた女優の杏さん(35)とは、離婚する結果となってしまいました。世間から厳しい声が相次ぎ、テレビ出演も減少するなど苦しい状況が続きました。

その一方で『コンフィデンスマンJP』や『おらおらでひとりいぐも』など、出演映画はお蔵入りすることなく公開されました。先日公開された『BLUE/ブルー』ではプロボクサーを演じ、『演技力に圧倒された』といった声もあがっています。撮影は騒動以前ではありますが、役者として着実に地盤を固めているようです」(芸能関係者)

いっぽう長きにわたって沈黙を守っていた唐田だが、昨年12月19日発売の月刊誌『日本カメラ』で新連載「mirror」をスタート。活動復帰の第一歩を踏み出したばかりだった。ところが同誌は4月15日、同月末で会社を解散すると発表。20日に発売された5月号をもって休刊することが決定し、唐田の連載は終了してしまう形となった。

昨年7月、唐田の姉は本誌に「このまま引退ということはないはずです」「本人も仕事を続けるつもりです」と語っていた。東出との間に差がついてしまった唐田だが、役者として再び日の目を浴びることはあるのだろうか――。