16日、木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が、ホラー映画『牛首村』で主演を務めると、東映より発表された。

Koki,のデビュー作となる『牛首村』は『呪怨』を生んだJホラーの巨匠・清水崇氏が監督を務める。同監督が手掛け、ヒットした『犬鳴村』(20年)、『樹海村』(21年)に続く『恐怖の村』シリーズの第三弾にあたり、22年の公開を予定している。

今作でスクリーンデビューを果たすKoki,は、映画の公式サイトにこう意気込みを寄せていた。

「この様な素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝しています。いただいた役と向き合いながら、清水監督からの言葉をしっかり聞き、一生懸命頑張りたいと思います」

清水監督も「初めての映画にホラーを選んでもらえたことにも、日本の通常の芸能活動の枠を超えた度量と野心を感じ、一緒にチャレンジすることが、今からとても楽しみです」と、Koki,とのタッグに期待をにじませていた。

CMでは演技を披露したことはあるも、女優経験はないKoki,。ファンからは“初舞台”を待ち望む声が多くあがった。

《kokiちゃん映画やるのか! デビュー楽しみにしてたよ〜。》 《kokiちゃん演技するの、、ちょお見たい、、ポップコーン握りしめながら見る、、》

いっぽう、女優としての力量を不安視する声も……。

《18歳のモデル畑が一転経験の無い映画で主演……いくら何でも無謀なのでは?》 《姉(Cocomi)と違って役者みたいな仕事をしてこなかった妹がどんな役者ぶりを見せてくれるか注目》

今作で映画デビューとなるKoki,だが、実はすでに映画賞を受賞している。今後の活躍が期待される女優に贈られる映画の賞である『ELLE CINEMA AWARDS 2018』の『エル・ガール ライジングスター賞』だ。

‘15年に本賞が創設されて以降、映画未出演ながら初めて18年11月に受賞したKoki,。受賞式では「もっともっと経験を重ねて、いろいろなキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」と抱負を明かしていた。

女優経験を経たKoki,が、正真正銘の“女優賞”を受賞する日は近いかも!?