先月、本誌は岡田健史(22)が所属事務所のスウィートパワーに契約解除を求めて裁判所に仮処分を申し立てていると報じたばかり。その際、5月中には仮処分の結論が出ることも報じたが、裁判が“泥沼化”しているというのだ。

岡田を古くから知る芸能関係者は言う。

「岡田さんは1〜2年ほど前から事務所の仕事選びに不信感を抱くようになりました。昨年にドラマの仕事を急きょ入れられたことも、役作りに時間をかけたい岡田さんとしては納得がいかなかったそうです。また、事務所の社員の入れ替わりが激しく、昨年には岡田さんの担当マネージャーを含め、何人ものスタッフが退職しています。そのことに違和感を覚えた岡田さんは、次第に社長への疑念を強めていきました。

そして今年3月に生活していた事務所の寮を飛び出し、裁判を起こすことに。事務所は5年契約が満了する’23年春までの在籍を求めていますが、岡田さんの一日でも早く辞めたい気持ちは変わらぬまま。主張が真っ向から対立しており、裁判が長期化しています」

そして“独立裁判”が膠着するなか、岡田からは“怒りの新主張”が飛び出したという。

「岡田さんは裁判のなかで、契約解除後に、芸名である“岡田健史”ではなく、自身の本名で活動する意向を強く示しているそうです。そして、それについて事務所が関与しないことも求めているといいます」(前出・芸能関係者)

事務所退所後に、ブルゾンちえみから本名での活動に移行した藤原史織(30)のようなケースはあるものの、独立裁判で争点ではない本名での活動を主張する例はあまり聞いたことがない。

それほどまでに岡田が芸名から離れたい理由は、どうやらその“由来”にあるようだ。

「堀北真希さん(32)や桐谷美玲さん(31)らを発掘したスウィートパワーは業界屈指のスカウト力で知られる事務所。そして、中学1年のときから5年かけて口説き落としたのが岡田さんなんです。

そんな彼に自分の名字をつけるほど強い期待を寄せていたのが、事務所の岡田社長でした。

しかし、昨年から岡田さんが事務所へ強く不満を持つようになるなか、今年3月に『週刊文春』で岡田社長の所属タレントへのセクハラや社員へのモラハラが報じられたことが決定打になったようです。岡田さんは事務所を退所し、社長からもらった芸名から本名に改名することが、いちから出直す“証し”になると考えているのでしょう」(前出・芸能関係者)

岡田の“改名表明”について事務所に確認すると、次の回答が。



■「本名で活動していく意思を示しているのは事実」

「岡田が芸名ではなく、本名で活動していく意思を示していることは事実です」

岡田が“名付け親”にたたきつけた怒りの最後通牒――。しかし、芸能界の訴訟事案に詳しい唐澤貴洋弁護士は、本名に戻すこと自体は問題ないとするものの、その“リスク”を指摘する。

「イメージというのは芸能人にとって重要です。トラブルによってスポンサーからも敬遠される傾向があり、名前を変えてもテレビに出続けるのは難しくなる可能性があります」

契約解除に関しても岡田の望む結果になる見込みは薄いという。

「一方的な契約解除はちゃんとした理由がなければできません。嫌気がさしたとか、金銭的な不満があるというだけでは解除は難しいのが実情です。新しい事務所が金銭的に補填するようなことがあれば、契約期間が短くなるかもしれませんが……」

岡田はかつてインタビューで自身の“引き際”について、こう語っている。

《演じることが好きになって今の俳優活動が始まっているので、極端な話、芝居に情熱を注げなくなったら、この業界から潔くサヨナラすればいい。だから、いつでも普通の生活に戻れるように、生きているつもりです》(『日経エンタテインメント!』’19年9月号)

前出の芸能関係者は言う。

「伊藤健太郎さん(23)の代役として出演する映画も、憧れの演技派俳優と共演できることもあって、岡田さんは全力で撮影に取り組んでいます。今後も彼が、今までどおり俳優活動を続けられることを願うばかりです」

裁判を経て岡田が本名に改名し、“普通の俳優生活”を取り戻すことができる日はくるのか――。