「今年の秋に『相棒』シーズン20がスタートします。今作も相棒は反町さん。来年撮影する'23年公開予定の劇場版まで彼が出演することは内定しているそうです」(テレビ朝日関係者)

水谷豊(68)が主演を務める刑事ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)。20年続く人気シリーズだが、8つのシーズンと2つの映画で4代目相棒を務める予定の反町隆史(47)が、初代の寺脇康文(59)を超えて、歴代最長になる見込みだ。

これほど長期間となったのは、水谷にとって反町はビジネスパートナー以上の存在だからだという。

「反町さんはとにかく“水谷ファースト”。ロケで地方に行けば、おいしいお店を調べて、食事に連れ出していました。焼き肉店では、水谷さんにお肉を取り分けることも……。また撮影の休憩中は隣に座って、時事ネタや、水谷さんの疑問に思ったことをスマホで調べて教えてあげています」(制作関係者)

そんな2人は家族ぐるみで付き合いをしている。

「コロナ前にはお互いの家族を連れてときどき食事会を開いていました。2人とも娘を持つ父なので、パパ友として悩みを相談し合うこともあります。『反町だけにソリが合う』なんて伊藤蘭さん(66)や娘の趣里さん(30)に言っているそうです」(前出・制作関係者)

そんな彼も来年で70歳。幕引きも計画され始めているようだ。



■続投に水谷が譲れなかった“絶対条件”

「『相棒』は1年で2クール放送されるため、体力的にとてもハード。制作サイドは水谷さんへのご負担を考え、70歳を一つの区切りと考えていました。来年予定している映画の撮影が終わったタイミングで、水谷さんに続投していただけるのか確認する予定です」(前出・テレビ朝日関係者)

その際、水谷にはどうしても譲れない条件があるという。

「それは“反町さんが相棒を務め続けること”。水谷さんが『ソリは最高だよ』と言うので、以前は局側も仲間由紀恵さん(41)や稲垣吾郎さん(47)など、次の候補者をリストアップしていましたが、ここ数年はそれを放棄。事実上、反町さんが最後まで相棒を続けることは決まっており、『相棒』がいつまで続くのかは水谷さんの体調や、気持ち次第です」(前出・テレビ朝日関係者)

20年以上右京を演じている水谷。'20年10月にMANTANWEBのインタビューで、

《(右京を)死ぬ前にはやめたいね(笑い)。(中略)ただ無理に考えなくても、そういうときはいつかちゃんと自然に来ると思いながらやっています。いつまで、というのはまったく決めていないです》

と語っていた。

水谷&反町が『相棒』を完走するのは、果たして何年後になるのか――。