繰り返される緊急事態宣言、コロナ禍終息の兆しが見えないなか開催に突き進む東京オリンピックなど、未だ混迷を極める2021年上半期。並行して芸能界でも数々の“事件”がーー。本誌が目撃した“スクープ”から特に反響の大きかったものを今一度お届けしたい。

中学2年生時に鮮烈なデビューを飾って以来、芸能界の第一線を走り続ける広末。女優としても引っ張りだこで、出演する『桜の塔』の撮影現場を本誌は目撃した。かつてはファッションリーダー的存在でもあった広末の私服姿は少し意外なものであったーー(以下、2021年6月8日号掲載記事)※年齢は掲載当時のまま

「う〜ん、決して“おしゃれ”とは言えないですねぇ……」

本誌がファッションチェックをお願いした女性誌ライターを渋〜い表情にさせたのは、広末涼子(40)の私服姿だ。

キャッチしたのは、5月中旬、初夏のように暑いある日の午後3時ごろ。ドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系)の撮影現場に入る姿だ。ドラマではスーツ姿で颯爽と女性刑事役を演じている広末だが、私服は意外なほど地味だった。

「デニムはボーイッシュで、足元はギャルっぽいメタリックサンダル、バッグはコンサバ、カットソーは背中に蜘蛛があしらわれていて個性的……。テイストがちぐはぐでごちゃごちゃして見えます。衣装に着替えるから楽な格好で来たのでしょうが、女優さんっぽくないですよね……」

辛い評価になってしまった広末だが、最近ある告白をしている。

「若いときは、絶対にオバサンになったら女優さんをやめようと思っていた」(5月20日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』)

14歳でデビューしてすぐに大ブレーク。女優業だけでなく歌手活動も成功し、眠る暇もない多忙さだったというが、こんな決意を胸に秘めていたとは……。



■40歳を迎えた広末の意外な心境の変化

「女優は年齢を重ねると“劣化した”と言われがちですから、そういうプレッシャーと闘ってまで女優の仕事を続けたくないと思っていたようです」(テレビ局関係者)

ただ20代、30代と女優業を続けてきて、40歳となったいま、心境は変化したようだ。広末を知る芸能関係者によると、

「ここ数年は年齢を重ねていくことが怖くなくなってきたと話していますね。“肝が据わったよね”なんて自分で笑っていましたよ。女優って人生経験を演技に生かせる仕事でしょう。本人もキャリアを積むなかで、そういうのが楽しくなってきたみたいです。いまでは、“50代や60代になっても女優を続ける”という意気込みでいますよ」

私生活では3人の子供の母親。離婚した前夫との間に生まれた長男は17歳、’10年に再婚した現在の夫キャンドル・ジュン氏(47)との間に生まれた次男は10歳、長女は5歳になった。

「最近は長男が海外留学中で、寂しい思いをしているようです。寝るときもスマホを枕元に置いて、時差のある海外の息子からの連絡に備えているんですって(笑)。娘さんはまだ幼いですが、一緒に生花店に行ってそれを2人で家に飾るときが幸せなんだとか。彼女にとって優先順位の圧倒的1位は子供だと思いますよ。でもそういった私生活の経験が女優業にも生きると思う、と本人は話していましたね」(知人)

本誌が目撃した地味な私服は、“オバサン上等!”という女優魂の表れかも!?