「親権に関しましては父の背中を見せて育てていきたいとの市村氏の希望と父のようにたくましく育って欲しいとの私の願いが一致し市村氏が持つことを子供たちとも話をしまして決定致しました。私も、これまで以上に母として子供たちとふれあい、話し合い力強く支えていきたいと思います」

こうコメントを発表したのは篠原涼子(47)だ。7月24日、彼女は市村正親(72)との離婚を発表した。また子供の親権は市村が持つとも明かしている。

2人は05年12月に結婚。そして08年5月と12年2月に、それぞれ男児が誕生している。順風満帆に思われたが、次第に“夫婦不和”がささやかれることに。そして昨年8月、本誌は2人の別居を報じた。

「篠原さんは自宅ではなく、1カ月以上の利用から借りることのできる高級賃貸マンションで生活。家賃は1LDKでひと月当たり80万円ほどで、20年3月の初頭から一人暮らしをしています。別居以来、市村さんが2人のお子さんの面倒を自宅で見ているそうです」(2人と親しい知人)

結婚15年目にしての別居報道。当時、本誌が篠原の所属事務所に確認するとこう答えていた。

「篠原が市村さんと別居をしていることは事実です。しかし、不仲が原因ではなく、ドラマの撮影で大勢の人と接することもあり、家族へ感染させないための一時的な処置です。仕事のない緊急事態宣言中の2カ月間は自宅に戻っていましたし、ドラマの撮影終了後の8月下旬には別居を解消し自宅での生活に戻ると聞いています」

あくまで「コロナ禍による別居」だとしたが、しかし篠原が家を出たのは都内で少しずつ感染者が出始めたころ。そして「ドラマの撮影が終了次第、別居を解消する」とのことだったが、本誌は今年5月、篠原が自宅でなく別宅を出入りしている様子を目撃。依然として別居生活が続いていたのだ。

その際も事務所は「篠原が今も別宅で生活していることは事実です」といい、長引く別居は“家族の新型コロナ感染を防ぐため”とのこと。また『金魚妻』(Netflix)といったドラマの撮影も影響しているとコメントしていた。

そして再び、「決して不仲が原因ではありません。仕事が落ち着き次第、別居を解消し、自宅での生活に戻る予定です」と強調していた。



■女優欲、そして「1人になりたい」という気持ち

「篠原さんは仕事が大好きで、出産した後もかなり早めに女優復帰。息子さんたちが成長してからは仕事量をさらに増やし、ほぼ毎年、主演作品を抱えている状況です」(テレビ局関係者)

しかし、その”女優欲”が夫婦に溝を生んだのかもしれない。

「家庭を大切にしたい市村さんには、篠原さんの女優業を応援しながらも“母親は子供たちのそばにいてあげてほしい”という思いもあったそうです。またここ数年、篠原さんが夜遅くまで飲み歩いたり、バーで泥酔して『私の仕事をわかってほしいの!』と市村さんへの愚痴をこぼす姿が報じられたこともありました」(前出・テレビ局関係者)

また篠原は『文藝春秋』’15年10月号で、「時には一人だけの時間が欲しいとないものねだりをしてしまいますけど、今のこの幸せがもしなかったら、と考えるとものすごく怖くなりますね」と語っていた。

「別宅で生活するうちに、一人で過ごす時間の“居心地の良さ”に気づいたのでしょう。市村さんが親権を持つということですし、篠原さんはいっそう仕事に没頭できるようになります。それだけに、今後は今まで以上に自身のキャリアを優先することになりそうですね」(前出・テレビ局関係者)

離婚コメントで「私たちなりの新しい形・環境を作って参りたい」ともつづっている篠原。新天地に向かって歩み始めたばかりだ。