「宮沢さんが10月クールの連続ドラマに出演することが内定したそうです。民放の連ドラに出演するのは'04年の『一番大切な人は誰ですか?』(日本テレビ系)以来だといいます」(テレビ局関係者)

17年ぶりに民放連ドラへ“帰還”する宮沢りえ(48)。37年にわたるキャリアのなかでも本作は彼女にとって挑戦作になるという。

「ネット上などで起こる現代社会の闇を描いた社会派ミステリー作品。宮沢さんは幸せだったはずの家庭から娘とともに突如失踪する母親役を演じるそうです」(前出・テレビ局関係者)

ここ数年、映画や舞台を中心に活躍してきたりえ。そんな彼女が連ドラ復帰を決めた裏にはコロナ禍の苦境が影響していると、ある舞台関係者は言う。

「宮沢さんは昨年2本の舞台に出演予定でしたが、感染拡大で中止に。長時間マスクなしで演じることなどから今も舞台はコロナの影響を受けやすい。そのため舞台よりもリスクの少ない連ドラ出演を決めたのではないでしょうか」

昨年、インタビューでの「来年はどんな年になる?」という質問に対してりえはこう答えている。

《まだハッキリとは分かりませんが、お客様を前に舞台でお芝居をすることが当たり前じゃなくなった時期を経たことで、仕事への向き合い方が変わっていくと思っています》(『otona MUSE』'21年2月号)



■りえの背中を押した森田との“夫婦ルール”

女優人生の岐路に立つりえを支えているのが'18年3月に結婚した夫の森田剛(42)。森田との間に定めた“夫婦のルール”が今回の判断を後押ししたようだ。

「森田さんは故・蜷川幸雄さんも高く評価したジャニーズきっての演技派。宮沢さんと森田さんは役者としても信頼し合っており、オファーがあった際はお互いに台本や企画書をチェックして、相談するのが2人のルールだといいます」(前出・舞台関係者)

11月1日をもってジャニーズ事務所を退所する森田の決断も、りえを奮い立たせているという。

「退所後、森田さんは大好きな舞台を主軸に俳優業に専念する考えのようです。ただ、この状況下なので舞台は収入的には大きなリスクを伴います。

最近の宮沢さんは『全裸監督2』(Netflix)や来年放送の大河『鎌倉殿の13人』(NHK)に出演するなど、ドラマへの出演を増やしています。今回の連ドラ復帰にも、役者として新たなステージに立つ森田さんを全力で支えたいという気持ちがあるのだと思います」(前出・テレビ局関係者)

転換期を迎えても、“役者夫婦の絆”は不動のようだ――。