7月中旬、佐藤健(32)が都内で大勢のエキストラに囲まれていた。主演作となる2022年公開予定のNetflixオリジナル作品『First Love 初恋』の撮影だった。

「90年代から現在までの3つの時代を描き、忘れられない“初恋”の記憶をたどる男女の王道ラブストーリーです。満島ひかりさん(35)がW主演を務めます。この日は2人のターニングポイントとなる出来事が描かれるシーンでした。

民放の連ドラに比べ、NetfliXは予算が潤沢で、制作に時間も費用もかけられてギャラも高額なことから、いまや出演者側にとって大きな魅力があります。撮影は1月から北海道で始まり、7月からは関東での撮影もスタート。8月中旬まで続きます」(ドラマ制作スタッフ)

実は今作、佐藤健以外に、別の主演候補がいたという。

「数多くの映画や連ドラで主演しているアラフォー俳優のTさんが候補にあがっていました。ですが、コロナ禍で撮影スケジュールが何度も延期になったことと、共演の満島さんが強く佐藤さんを推したこともあり、最終的に彼に決まったんです」(ドラマ関係者)

前出ドラマ制作スタッフも言う。

「佐藤さんは満島さんからの“ご指名”について、『すごく嬉しい』と喜んでいました。役者魂が強く、佐藤さんより先にフリーとなった“先輩”女優からの高評価は大きな自信になったようです。現場でも2人の息はピッタリです」(ドラマ制作スタッフ)

今作だけではない。佐藤は20〜30代女優から絶大な共演ラブコールを受けているのだという。

「上白石萌音さん(23)と共演した昨年の『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で”ラブストーリー王”の座に。特に同世代女優からのラブストーリーの信頼度は断トツです」(ドラマ制作関係者)

当の佐藤はそれを知ってからしらずか“魅せる身体づくり”に余念がない。新田真剣佑(24)と“合同筋トレ”を行っていたことも。

「佐藤さんは数年前から“筋トレ”にハマっています。『るろうに剣心』最終章で共演した真剣佑さんとも撮影の合間などを見つけては一緒に筋トレをしていました。バランスの良い食事にも気を遣っていて、2人で何が良いか話し合っていましたよ」(映画制作関係者)

女優陣からぶっちぎりのラブコールを受ける佐藤だが、本人はさまざまな役柄に挑戦したいようだ。

「今後は作品のジャンルにこだわらず、『世界で活躍できる俳優になりたい』と言っていました。『良い作品に出会うために仕事が来るのを待つのではなく自分から動く必要がある』とも言っていましたね。 4月に神木隆之介さんと共に事務所を設立したのも、それを強く意識しているからといいます」(民放局関係者)

とはいえ、「ラブストーリーの佐藤健」を見たいという多くのファンの声を忘れないでほしい!