「最近、『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(テレビ朝日系)がこの秋で終了するらしいという噂が業界内で出回っているんです」(テレビ局関係者)

'95年の放送開始以来、司会の上沼恵美子(66)の軽妙なトークを武器に料理番組界のトップを走り続けてきた『おしゃべりクッキング』に訪れたまさかの終了危機。

上沼といえば昨年、25年間続いたレギュラー番組『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ系)が突然の最終回を迎えたばかり。それに加え、26年間続くレギュラー番組にもピンチが!?

「『おしゃべりクッキング』は上沼さんとゲストとの軽妙なトークがウリですが、ただでさえ上沼さんのギャラが高いので、高額な制作費に番組スタッフはずっと頭を悩ませていたそうです。また、昨年3月からコロナ禍でゲストも呼べなくなったことで番組コンセプトが崩れてしまい、上沼さんもそんな状況にストレスを感じていたといいます。

上沼さんの要望もあって、この秋には再びゲストを入れられるよう調整しているようですが……」(前出・テレビ局関係者)

上沼は『文藝春秋』(8月号)のインタビューでこう語っている。

《実は去年すべての番組を降板し、芸能界を引退しようと考えました。(中略)コロナで鬱々した気分が抜けないし、人生を賭けた冠番組が突然なくなったからです》

“西の女帝”に訪れた人生最大の危機。7月中旬、真相を確かめるべく本誌は上沼を直撃。ラジオ番組の収録に向かう彼女に話を聞いた。



■引退説には「今は“頑張ろう!”という気持ちですよ」

――『おしゃべりクッキング』がこの秋で終了すると聞いたのですが、本当ですか?

「そうなんですか? どうかもわかりませんね。私は聞いてません」

番組を制作している朝日放送テレビにも尋ねたところ「そのような事実はございません」という回答だった。

さらに、引退についても話を聞くと、意外な答えが。

「今は“頑張ろう!”の気持ちですよー!」

元気な声で“絶対に引退せえへん!”という強い意思を示した上沼。劇的な心変わりの陰には、愛憎入り交じる夫との関係の変化があるという。

「上沼さんの旦那さんは絶対に家事は手伝わないという絵に描いたような亭主関白。彼女はずっと我慢していましたが、60歳のときに離婚を提案するまで夫婦仲は悪化しました。しかし、3年ほど前から旦那さんと別居生活を送り始めたことで、今では『たまに会うとホッとする』とテレビで言うまでに関係が改善したといいます。互いに居心地のいい距離感を見つけたことで、仕事にも前向きに取り組めているようです」(芸能関係者)

前出のインタビューで《おしゃべりだけで行けるところまで行きたい――》と語っていた上沼。

西の女帝はまだまだ王座を明け渡す気がなさそうだ――。