9月4日に一般人女性との結婚を発表した直後、8日に文春オンラインで”10年間に及ぶ二股交際”が報じられたゴールデンボンバーの鬼龍院翔(37)。すぐさま謝罪して沈黙を守っていたものの、19日夜のニコニコ生放送「月刊ゴールデンボンバー」に出演。自ら考案した罰ゲームを次々と体当たりで行い、“金爆らしい謝罪”にファンから様々な声が上がった。

そんななか、恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんは「10年間に及ぶ関係」という点に注目する。実はこうした長期交際の末に破局し、別のパートナーと結婚するケースは決して珍しくないという。鬼龍院の二股交際から考える、男女の結婚に対する考え方の大きな差とはーー。



人気バンド「ゴールデンボンバー」のボーカル・鬼龍院翔さん(37)が、かねてよりお付き合いしていた一般女性との結婚を発表しました。

しかし程なくして、結婚相手とは別の女性と10年来の深い関係であったことが週刊文春によりスクープされたのです。

鬼龍院さんといえば女性が苦手であることや将来への不安から貯金をしていると語るなど、親しみやすいキャラクターが愛されてきました。しかしキャラとは掛け離れた二股報道に、落胆の声も出ています。

二股交際は不倫と異なり、民法上の責任がないとされています。しかし現在まで批判の声が途切れないのは、“非モテ”というキャラ設定の難しさにあるのかもしれません。

■“ビジネス非モテ”という罪はなぜダメージが大きいのか

今回の報道を見ていて、多くの人から上がっている声には特徴があります。その1つが「非モテは嘘だったのか」といった、彼のあり方への落胆です。

鬼龍院さんは人気バンドマンとなった今も“昔からの女性への苦手意識がある”と公言していたり、“恋愛とはずっとご無沙汰”と話したりしてきました。こうした発言や行動もすべて演出であったことが、多く人に衝撃を与えているようです。

芸能人である以上、誰でも何かしらのキャラクターを演じているとは思います。しかし今回の非モテキャラが大きな批判の対象となったのは、現在まで具体例なウソを重ねていたという事実がニュースによって分かってしまったからです。

不倫や様々なトラブルが起きた際、もっとも炎上するのは“謝罪時に嘘や保身が含まれていたパターン”です。

鬼龍院さんは二股交際発覚後にきちんとブログで謝罪はしています。しかし過去の発言に嘘が含まれていたという事実は、もう少し説明しても良かったのかもしれません。



■10年交際からの結婚が“無理ゲー”に感じる理由

また今回の報道では、“10年間付き合って違う人と結婚される女性側の悲しみ”に寄り添うような声も一部ではありました。

しかしこれは今回のケースに限らず、男女の結婚への考え方の違いによって私たちの周りでも起こりうる話だなと感じました。「結婚」という行動に対して男女で求める要素が異なることは往々にしてあるため、結婚する決意のタイミングもずれがちなのです。

女性は結婚に安心や安定を求めることが多いもの。そのため付き合ってすぐの男性ではなく、ある程度付き合って物理的にも精神的にも安心できてから初めて「この人と結婚!」となる傾向にあります。

いっぽうで男性は相手との未来に成長や前進といった明るい要素を感じると、結婚を決意するケースが多いように思います。

男性によくある結婚を渋る理由に、「収入がもっと上がったら」とか「今のプロジェクトが落ち着いたら」などがあります。

これは結婚を成長や前進といったポジティブなイベントにするため、それ以外の不安材料を事前に整理しておきたいと思う気持ちなのかもしれません。

こうした考え方の違いがあると例えば10年といわなくても、3年とか5年とか長期間付き合うとズレが出てきがちです。女性は相手に対して信頼も安心も抱いており、いつでも結婚大歓迎モード。いっぽうで男性は相手と一緒にいることで安心はしても、未来への可能性を感じなくなっているケースがあるのです。

こうした男女の心理を踏まえると、10年来の女性(仮に彼女と仮定すると)と別れて新しい彼女との結婚を決める鬼龍院さん(というか男性)側の心理も実はよくあること……だと思ったりもします。



■もしかしたら、彼なりの誠実さはもう見せていたのかも?

今回の報道を見ていると「売れっ子ならきちんと“ケジメ”をつけてから結婚した方がよかったのでは?」と、二股交際された側の女性にあらかじめ謝罪金などの和解策を講じておくべきだったという批判も耳にします。

しかし見方を変えると今回は二股交際の事実こそ出ていますが、LINEのスクリーンショットや2ショット写真といった、決定的にイメージダウンとなる情報は流失していません。

文春の報道内容は確かではあるものの、あくまでも“友人”の証言。物的証拠の少なさから、すでに鬼龍院さん側は何かしら事前の流出対策は取っていた可能性もあります。そういう意味では、彼なりの“誠意”は見せていたのかも。あくまでコレは推測の域を出ませんが……。

ケチがついてしまった今回の結婚報道。とはいえアイデアマンの彼ならきっとこのダメージも音楽と笑いの力と共に、乗り越えてくれることを信じています。

(文:おおしまりえ)