ABEMA SPECIALチャンネルで放送されている、お笑いコンビ・見取り図の冠番組『東京スケッチ』。その9月22日放送回が「ひどすぎる」として、非難轟々となっている。

『東京スケッチ』は大阪からやってきた見取り図が、“未知なる東京カルチャーとふれあう”という番組。9月22日放送回の企画「トーキョー留守宅探訪」は、「東京で働く面識のない女性宅を留守中に探訪する」というものだった。

番組冒頭で企画内容を聞かされた盛山晋太郎(35)は「犯罪番組やん」と述べながらも、「ほんとありがとうございます。女子ってのが嬉しいね」とコメント。その後で2人は女性家主の留守宅を訪れ、部屋を物色。浴室やクローゼットや冷蔵庫のなかを見て回ったり、ベッドに潜り込んだりしていた。またその様子について、ナレーションでは「留守宅を堪能」とも表現していた。

さらに番組ではリリー(37)が洗濯機の中から家主のショーツと見られるものを取り上げ、「ロケ終わるまでお守りとして」と自身のポケットに詰め込むシーンもあった。後にリリーは家主と思われる人物の写真を見つけると、「もう一回見てみようと思って」と言いながらポケットからショーツを取り出してチェック。そして「これだけは譲れんからな」と語ると、再びショーツをポケットに忍ばせていた。

「企画でなければ、2人がしたことは犯罪そのものです。バラエティ番組とはいえ、女性の留守宅に侵入して下着を窃盗するかのような行為を“おもしろおかしく”放映するのは非難されても仕方がないことでしょう」(テレビ局関係者)

番組では「家主に許可を頂き鍵をお借りしました」とのテロップが流れていた。しかしネットでは「そういう問題ではない」として、厳しい声が相次いでいる。

《女性家主に許可を貰ったとしても、独り暮らし女性への性犯罪が横行してる現実を知った上でメディアが何の配慮も無くやることではない》 《なぜ「一般女性の留守宅へ侵入」だったら許されると思ってしまったのか、一度胸に手を当てて考えた方がいい》 《女子大生が家に侵入されて殺される事件が起こったばかりなのに……男性は殺される恐怖を感じずに空き巣をネタにできるなんて羨ましいです》 《『女性だから』とかではなくて、男性やお年寄りでもだめ。すべてにおいて配慮がないし、やってることが酷い。企画が通る時点でどうかしてる》 《犯罪行為を面白おかしく消費するクソ、本当ムカつく》



■見取り図と番組アカウントは「空き巣企画」「神回」と紹介

また盛山は「トーキョー留守宅探訪」の放送前、Twitterで《今日の東京スケッチは一般女性の留守宅へガチ侵入をする、ほぼ空き巣企画です。是非!》と紹介。対するリリーも《本日夜11時から!! 神回かも!》とツイートしていた。そのため、2人にもこんな声が上がっている。

《「ガチ侵入」とか「空き巣企画」とかのワードセンスもヤバすぎる》 《空き巣、楽しかったですか?企画とはいえ、犯罪行為、楽しかったですか?》 《犯罪ワードまみれの企画で神回が生まれる生まれたと思ってる神経普通にキモさ極まってる》 《ガチ侵入、空き巣とか悪びれもせず楽しいことのように書けるのもありえないし、一般女性だけってターゲットを限定してるのも輪をかけてタチ悪すぎ。女性宅への空き巣は笑えるバラエティだと思ってんだね。ガチ万引きに挑戦! とかはやらないのに》

『東京スケッチ』の公式Twitterアカウントも《オススメの神回です》と笑顔の顔文字付きで投稿しているがーー。

神回とは、どういった意味だろうか?