「あなたは風体と愛想がないのが合っているから大丈夫よ! 背も高いし、ちょうどいいんじゃない」

10月19日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。司会の黒柳徹子(88)に“不愛想なところがいい”と大絶賛されたのが女優の江口のりこ(41)だ。江口は『半沢直樹』(TBS系)など、その独特のたたずまいで名脇役としての地位を確立してきた。

そして今月14日に始まった『SUPER RICH』(フジテレビ系)で初めて連ドラ主演。裕福な女性社長が“無一文”となり、リベンジを目指すヒロインを演じる。本誌は同作のロケ現場を目撃している。冷え込み始めた今秋の18時半ごろ。強い風も吹くなか、江口は6度も陸橋をダッシュ。続いて、30メートル走ってはよろめくシーンを何度も撮影。さらに共演の赤楚衛二(27)と厳しい表情で話し合う一幕もあった。演技中も休憩中も、笑顔を見せない“不愛想ヒロイン”。しかし、作品に対するストイックな姿勢は視聴率に反映されることにーー。

「同作の初回視聴率は7.8%、2回目は7.3%ですが、社内では『大健闘』との評価を受けています。実はこの木曜劇場枠は、近年のフジでは“鬼門”といわれ、今夏の『推しの王子様』は平均視聴率4.9%、4月期の『レンアイ漫画家』も5.4%と苦戦を強いられたのです」(フジテレビ関係者)

また『SUPER RICH』は原作のない完全オリジナル脚本。

「原作ファンもいませんし“鬼門枠”ですから主演のオファーは次々と断られました。ですが、江口さんは快諾してくれたんです。そこで脚本は兵庫県出身の江口さんのために関西弁に書き直されました。評判も上々で“意外に計算できる”と業界でささやかれています」(前出・フジテレビ関係者)



■実父は定職に就こうとしなかった

そんな江口が今の“不愛想ヒロイン”にたどり着くまで、3人の男性に泣かされた過去がーー。まず1人目は、父親だ。

「江口さんは5人きょうだいの4番目の7人家族。しかしお父さんは『人に使われるのはイヤ!』と定職に就きませんでした。江口家は経済的に余裕がなく、江口さんはお小遣いゼロ。ですから中学を卒業すると、すぐに自分から働き始めました」(江口の知人)

しかし、自分の家族とほかの家庭の違いを肌で感じることに……。

「地元のアイスクリーム店で働いていた際、元同級生と鉢合わせ。家の経済事情の都合なのに“高校行かずウロウロしている”と思われるのがイヤでたまらなくなったそうです。当時から女優になる夢を持っていたため、『街を出たいのに、お金がない……』と悔し涙を流したといいます」(前出の知人)

江口が21歳のとき、父は病気のため他界。バイトを続け、なんとか資金をため上京した江口は、尊敬する柄本明(72)が座長を務める「劇団東京乾電池」に入団。そこでも再び涙を見せたという。

「『乾電池』には2カ月に1度、メンバーが集まって話し合う“総会”があります。ですが、もともと江口さんは『総会は無意味』と考えていました。そして仕事が忙しくなり始めると、無断欠席を繰り返したんです」(劇団関係者)

すると、柄本から電話があり、近況を訊ねられた。江口が「のんびりしています」と答えると……。

「柄本さんは『じゃあ総会に来いよ!』と大激怒。さらに『劇団やめろ』と絶縁宣言。謝ろうとしましたが、何日も電話はつながらなかったそうです」(前出・劇団関係者)

事の重大さを理解した江口は、稽古場へ。雨のなか、目に涙を浮かべながら師を待ったという。



■携帯を池に投げ捨てるよう命じた俳優の恋人

「その涙を見て、柄本さんは『もういい』と許し、焼き肉店に連れていってくれたとか。彼女は『柄本さんは今も夢に出てくるほど怖い』と言います」(前出・劇団関係者)

そして最後の一人は、恋人だ。本誌は6年前、東京・下北沢で同世代男性と仲むつまじく歩く現場を目撃したこともあるが、彼女が泣かされたのは、以前交際していた俳優・Aさんだという。

「Aさんは2人でロケに行く前にデート先を探すよう江口さんに指示。調べた結果、もろもろの都合が合うのがリス園しかなかったとか。気に入らなかったAさんはデート中に不機嫌になり、『なぜここに連れてきたのか!』と怒りをあらわに。ついには、『携帯電話を池に投げろ!』と命令したそうです」(前出の知人)

そこで江口は言われたとおり、携帯を池に投げ入れたという。

「涙ながらにAさんの気持ちを優先したそうです。するとAさんは『コーヒーいる?』『寒くない?』と急変。のちに江口さんは『精神的DVでは』と気づき、別れを決意したといいます。今では同業者であるAさんに『絶対いつか見返したる!』という怒りの気持ちが湧いているそうです」(前出・知人)

定職に就かない父、厳格な師匠、そして“DV彼氏”。数々の修羅場をくぐり抜けたおかげで、表情を顔に出さない“肝の据わった”新ヒロイン像が生まれたのだろう。