11月28日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した野村周平(28)。司会者を置かず様々なジャンルから選ばれた出演者3名によるトークが好評の番組だが、野村の“奔放すぎる発言”に波紋が広がっている。

本放送回では野村の他に、野村と親交の深い「GENERATIONS」の白濱亜嵐(28)と関口メンディー(30)が登場。

冒頭では全員がミックスルーツであることから、幼少期の出来事などを語り合った。そんななか関口が、「ハーフであることで“周りの子たちと違うかも”と感じた瞬間ある?」と質問。すると中国出身の母を持つ野村は、「逆に中国の血が入っていることをすごい誇りに思う」「お前、中国なくなったらメイドインチャイナの物全部なくなるからなって思う」とコメント。

スタジオでは笑いが起こり白濱が「それはちょっと上に立っているけどね」とフォローしたものの、その後も野村の“上から目線”は続いた。

後半では白濱が昔からモテていたというエピソードに移行。白濱のモテぶりを披露した野村だが、「今は俺のほうが亜嵐より上回ってる」「やっと俺の良さを女どもがわかってきた」と豪語したのだ。

さらに結婚観の話題になると、「結婚のシステムに疑問がある」と明かした野村。結婚そのものに対しては「美しい愛の形」と語ったが、理想の結婚相手については「自立してる人」とキッパリ。続けて「『お前なんかに(お金を)払ってもらわなくても払えるから』、みたいな人。その方がやっぱりいいし、俺の人生を邪魔しない人」とこだわりを見せた。



■「ただただ口が悪い」「もはや嫌われ芸」

このように一連の持論を展開した野村だが、SNS上では“上から目線”といった指摘が上がっている。

《野村周平の女ども発言は衝撃だった》 《野村周平が 女ども って言ってるのをみて言い方〜って思った。女どもじゃなくて女の子たちって言うだけで全然印象が違うだろうに…ただただ口が悪い(笑)》 《野村周平が相変わらずで少しがっかり。もはや嫌われ芸。周囲の人は彼に何も言ってあげないの? 帝一のお芝居とか振り切れてて好きだったけどいい年の大人が公の場でその態度発言じゃ本人が損するよ》

「これまでも野村さんは、Twitter上での発言がしばしば炎上することがありました。’18年6月にはサッカー・ロシアW杯での日本代表に対して、《えー。なにこの試合》とツイート。炎上騒ぎとなり野村さんは謝罪のツイートをしましたが、《まだ叩きたい、炎上したいならどうぞ》と強気な態度を見せていました。

さらに’19年1月にも《写真撮ってんのに対応冷たいとかマスコットキャラクターじゃねーんだよ》と、一般人がネット上に投稿した動画に対して怒りを露わにしたことも。野村さんは実際に会ってみると感じの良い青年だと聞きますが、俳優はイメージが重んじられるだけに公での言葉は慎重に選んだ方が良いかもしれませんね」(芸能関係者)

映画『帝一の國』(’17)や『WALKING MAN』(’19)、今年4月期のドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系)など人気作に引っ張りだこの野村。この“自由”さが人気の秘訣なのかも?