「すみません、いつもお世話になっております。本当に、いつも、伊勢のお土産とか、お守りとか送っていただいてありがとうございます。本当に娘さんのこと、大事に思っていますし。はい、あの……結婚を前提にお付き合いさせていただいております」

こう話したのはお笑いコンビ『ミキ』の亜生(33)だ。亜生は12月4日、『幸せやねん!7時間30分SP』(MBS)に生出演し、交際相手の両親に冒頭のように“結婚の挨拶”を行った。

本来なら喜ばしいことのはずだが、この発表が物議を醸している。実はこの挨拶、“言わされたもの”なのだ。

『スポニチアネックス』によると、番組で漫才コンビ「トミーズ」の雅(61)から「身固めんのか」と問われた亜生。頑なに回答を拒否したものの、相方である兄の昴生(35)が交際相手と同棲していることを暴露。すると雅は「もう(結婚)近いやん。お父さん、お母さん見てるわ。何か言うとき」と発言。再び拒んだ亜生だったが、最終的には冒頭のように“挨拶”。さらに、あおられたのち、亜生は「結婚します」と宣言したという。

「これまで亜生さんは“交際相手がいる”とテレビなどで公言していました。とはいえ、当事者にとって結婚はプライベートで特に重大な行事。しかも今回はテレビ越しで、お相手のご両親を巻き込んでいます。軽々しくテレビでご両親への挨拶を促した雅さんの言動を『パワハラでは』と疑問視する声が上がっています」(スポーツ紙記者)

そのため、ネットではこんな声が上がっている。

《トミーズ雅のこう言う無理矢理な後輩への圧みたいなのは見ていて本当に不愉快です。放っておいてやれよと思う。男女の関係なんかどうなるかわからないのだし》 《これ完全にパワハラ。相手は素人さんなんだから、こういうのがきっかけになって破談になったりする可能性もある。プライベートについてはもっと慎重に扱うべきだ》 《ほんとに結婚考えるとこまで気持ちがいってるかもわからんのに結婚宣言させられて…そこは本人同士の話だからほっといてあげないといけないと思う。トミーズ雅は完全にパワハラ》 《彼女さんがどう思うか知らんけど、「大先輩がしゃしゃって煽ってプロポーズ」ってどうなんよ。言わされてる感満載でコレをプロポーズってカウントしたくはないでしょ》

亜生が心から「幸せやねん!」といえる日が来ればいいが――。