「永野さんは昨年3本の映画に出演し、12月には報知映画賞で主演女優賞も受賞し、オファーが殺到しているそうです」(映画関係者)

評価がうなぎのぼりの永野芽郁(22)。1月11日にはインスタグラムで髪色を黒からグリーンに変えた姿を公開し、話題を集めた。

大胆イメチェンで新年を迎えて気分一新といった永野だが、昨年は苦い思い出が……。

「出演した連ドラ『ハコヅメ』(日本テレビ系)の撮影中だった7月下旬に新型コロナウイルスに感染。撮影が一時中断し、8月上旬に復帰した際はSNSで関係者に『ご迷惑おかけしてごめんなさい』と謝罪していました」(芸能関係者)

さらに、永野は一時的に“後遺症”にさいなまれていたという。

「新型コロナの症状が収まったあと、短い間ですが味覚に異常を感じていたそうです。『仕事に影響が出たらどうしよう……』とこぼしていたといいます。今は後遺症もなく、完治していると聞いています」(テレビ局関係者)

新型コロナ感染後の後遺症の一つである味覚障害。芸能界でも永野同様に森三中の黒沢かずこ(43)や川上麻衣子(55)が抱えていたという。川上は昨年5月にテレビ番組のインタビューで「味覚異常が1カ月以上あって、本当においしいと思えるまで時間がかかりました」と語っていた。

ある医療ジャーナリストは、後遺症に悩む女性が多いという。

「国立国際医療研究センターの調査では、男性と比較して女性に後遺症が出やすく、味覚異常を訴えた女性は男性の1.6倍多かったといいます。さらに若くて痩せている人に味覚や嗅覚異常が出やすい傾向があったそうです」

新型コロナの後遺症外来を開設している、もちづき耳鼻咽喉科の望月優一郎院長もこう指摘する。

「男性は味覚が8割程度回復していれば満足する人が多いですが、女性は完全回復を目指す傾向にあります」

現在、日本でも急拡大中のオミクロン株。感染後に味覚異常を訴える人が少ないという報道も出ているが、望月院長は警鐘を鳴らす。

「今でも昨年夏に感染した患者さんで後遺症に悩む方が毎日、40〜50人ほど来院し、新患も1日10人ほどいる状況です。それほど後遺症の治療は大変なのです。

症状は比較的軽いといわれているオミクロン株ですが、後遺症については明らかになっていない部分も多いので注意が必要です。実際に後遺症の報告が増えてくるのは春先以降になるでしょう」

後遺症に悩んだ永野たちの回復後の活躍は、多くの患者の励みになるはずだ。