1月28日に70歳の誕生日を迎えた三浦友和。中国の詩人・杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から古希とも呼ばれるが、友和は70歳にして“類稀なる”活躍を見せている。

中国の歴代興行収入で5位に輝き、昨年7月に日本でも公開された大ヒット中国映画『唐人街探偵 東京MISSION』にヤクザ役として出演。さらに今年公開予定の出演映画『ケイコ 目を澄ませて』(監督:三宅唱)が、2月10日からドイツで開催される第72回ベルリン国際映画祭の「エンカウンターズ部門」に正式出品されることも決定したばかり。

同賞は20年より新設され、もし受賞すれば日本人監督では初めての受賞となる。友和は出品に際し、「小さな作品がベルリンに旅します。監督とスタッフ、出演者。我が子の旅立ちを誇らしく送り出します。より大きく育って皆さんに見て頂けるよう願っています」とコメントしていた。

72年にドラマで俳優デビューしてから今年で50年。円熟の演技で存在感を増す友和だが、そんな友和の活躍をそばで支え続ける女性が。妻の百恵さん(63)だ。

70年代、山口百恵として映画『伊豆の踊り子』(74年)や『赤いシリーズ』(TBS)などで絶大な人気を誇った彼女との共演を重ねた友和。“ゴールデンコンビ”として時間をともにするうちに、2人の関係は共演者から恋人へ。

人目を忍んで交際を続けていた2人だが、79年10月のコンサートで百恵さんが突如、友和との交際を宣言。翌年3月には2人で婚約発表会見を行い、百恵さんは芸能界引退も発表したのだ。

同年10月5日に百恵さんは日本武道館で最後のコンサートを行い、芸能界を引退。11月19日に2人で挙式。式には豪華な芸能人の面々が列席し、報道陣も詰めかけるなど国民的関心事に。そして百恵さんは“三浦百恵”としての人生をスタートしたのだ。

84年に長男の三浦祐太朗(37)、85年に次男の三浦貴大(36)が誕生し、88年には東京・国立市に建てた白亜の豪邸での生活をスタートした友和。三浦家の主として俳優活動に邁進していたが、爽やかな二枚目俳優として絶大な人気を誇った彼にも不遇の時が。そんなときも友和を支えたのは、百恵さんだった。

18年、本誌のインタビューに応じた友和は当時、自宅の売却も検討したことを明かした上で、百恵さんからもらった言葉をこう明かしていた。

「10万円なら10万円の、千円なら千円の生活をするだけよ」

その後、苦難を乗り越え、映画『台風クラブ』や『沈まぬ太陽』、ドラマ『流星の絆』(TBS系)など数々の名作に出演し、俳優としての地位を不動のものにした友和。

百恵さんとの絆も弱まるどころかますます強めていく。結婚後、”百恵さんと一回も喧嘩をしたことがない“と公言し、明治安田生命が毎年行っている「理想の有名人夫婦ランキング」では15年連続1位を獲得し、20年に殿堂入りする快挙も達成した。

本誌もそんな友和と百恵さんの“夫婦団らん”現場を何度か目撃。04年7月に2人で参院選の投票所へ向かう道中、雨が振り始める。すると、友和が持っていた傘をさっとさし、百恵さんと相合い傘をしながら仲睦まじく投票所へ。17年にはデパートへ買い物に向かう姿や友和の誕生日に映画館でデートする姿なども目撃している。

そのころ、自宅の同じ敷地内にある別棟に住む友和の両親の介護もしていた百恵さん。友和はそんな百恵さんへの感謝を本誌のインタビューでこう口にしていた。

「2人とも認知症ではないし、トイレも自分でいけますが、要介護1ですから、妻が食事の世話をしています。ただ、塩分制限などもあるので、週3回くらいは、夕食だけ宅食を頼んだりしています。姉夫婦もちょくちょく顔を見せては世話をしてくれています。

それでも妻は大変ですよ。病院は、妻が車で連れていっています。介護で自分の時間が削られるだけでもストレスになっているはずですから、ここは相性ですませず『ありがたく思っている』と、言葉に出して伝えています。なるべく妻が楽に介護できるようにしたい。それが夫の務めです。下の世話が始まったら、施設に入れることも今から考えています」

百恵さんの愛を受け、友和は喜寿、傘寿になっても活躍し続けることだろう――。