今年5月にデビュー30周年を迎えたMr.Children(以下、ミスチル)。

’92年にメジャーデビューして以降、数々のシングルやアルバムがミリオンセラーを記録するなど、長きにわたって日本ロック界の第一線を走り続けている。

11日にはベストアルバム『Mr.Children 2011-2015』『Mr.Children 2015-2021&NOW』が、同時発売されたばかり。17日発表の「オリコン週間アルバムランキング」では、早くも「2015-2021&NOW」が1位に。さらに「2011-2015」も2位にランクインし、首位を独占した。

現在は、3年ぶりとなる全国ツアー『Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス』の真っただ中。ツアータイトルに「半世紀へのエントランス」と銘打っているように、ミスチルは50周年を目指してさらなる20年を駆け抜けようとしているという。

バンドを率いるボーカルの桜井和寿(52)は、最近のインタビューでこう語っている。

《60代までは想像できるんで、70代も想像できなくはないですね。どんどん変わっていくだろうし、それを受け入れてもいきたいし》(5月10日配信「Yahoo!ニュースオリジナル」)

まだ50代を迎えたばかりの桜井だが、これまで歳を重ねるなかで世界情勢や私生活での変化が音楽性に影響をもたらしてきたこともあったそうだ。

「桜井さんは’01年4月に、現在の妻で元タレントの女性(50)との間に長男をもうけました。現在は3人の子供の父親です。ミスチルが’02年に発表したシングル『HERO』は、親目線で書かれた楽曲。’01年にアメリカ同時多発テロ事件が発生したことで、桜井さんは“ヒーロー像”について深く考えたといいます。そして“子供にとってのヒーローは親なのではないか”と感じたことから、楽曲の着想を得たそうです」(音楽関係者)



■桜井の実父が明かした長男の名前の由来

そんな桜井の長男といえば、ロックバンド「インナージャーニー」のドラマーであり俳優としても活躍する櫻井海音(21)。

’20年8月に配信された恋愛リアリティ番組『オオカミくんには騙されない』(AbemaTV)で注目を浴び、現在放送されている木村拓哉(49)主演の『未来への10カウント』(テレビ朝日系)にも出演するなど存在感を増している。

海音はこれまで「Kaito」名義で活動していたが、昨年に改名を発表。俳優としては「櫻井海音」、バンドでの音楽活動は「Kaito」として名義を区別することに。改名した理由について、海音は公式サイトで次のように綴っている。

《芸名を変えたからといって大きく何かが変わるわけではありませんが、自分自身への意思表明、『櫻井海音』という名前を誰のものでもなく一から“自分”のものにする為に、日々精進していかなければならないという、一種の十字架のような気持ちで背負っていければと思います》

「海音さんは’19年にバンドを結成し、ミュージシャンとして活動し始めました。音楽雑誌で取り上げられるなど注目を集めていましたが、同時期に俳優も始めた彼に『何を目指しているの?』と戸惑うファンもいたようです。そのことについて海音さんは、『人生1度きりだから、1つのことにとらわれず、色んなことにチャレンジしたい』と思いを語っていました」(前出・音楽関係者)

このようなフレキシブルな考えは、父・桜井の教育方針も影響しているようだ。桜井は’15年にアニメ監督の細田守氏(54)との対談で、「親子関係」について次のように語っている。

「あんまり決まり事っていうのは決めないようにしている。こうあるべきだとか」 「子供の成長とともに自分の価値観もグラグラと一緒に変わっていきたいなと思うし」

本誌は海音が誕生してまもない’01年5月、家族と仲睦まじく過ごす桜井の姿をキャッチしている。

ある日の夕方5時過ぎに、自宅から姿を現した桜井夫妻。うつむく妻の胸には、生まれたばかりの赤ちゃんが抱きかかえられていた。そっと赤ちゃんを覗き込む桜井の顔は、優しい笑顔であふれていた。

本誌は当時、新しく家族が増えた桜井について、彼の実父に取材。すると、桜井夫妻が大切そうに見守っていた赤ちゃんの名前について、こんなエピソードを語ってくれた。

「『海音』と書いて“かいと”と読むんですよ。和寿が命名しました。穏やかな波の音をイメージしたのだと思います」



■家族5人で暮らす夢の10億円豪邸が完成

そして、ミスチルがデビュー15周年を迎えた’07年。この頃すでに、桜井夫妻には二男も誕生していた。13枚目のアルバム『HOME』を発表した直後の5月、本誌は桜井夫妻が子供たちをサッカー教室に連れていく姿をキャッチしている。

「桜井さんはサッカー好きで有名。サッカー選手とも交流が多く、元日本代表の名波浩さん(49)とは親友です。息子さんたちが幼い頃から毎週、プロのサッカー選手がコーチをしてくれる人気スクールに通わせていました」(テレビ局関係者)

サッカー教室がある公園に現れた桜井夫妻は、周囲の保護者に挨拶をしながらスタンドの前のほうの席に着席。桜井は息子の練習を見守りながら、ときおり、熱い声援を送っていた。一方で、当時はまだスクールのメンバーではない二男が退屈そうにする一幕も。すると桜井は笑顔で遊び相手をつとめ、良きパパぶりを見せていた。

「サッカー好きなお父さんの影響を受けた海音さんは、ドラムを始める中学2年生くらいまでサッカー選手を目指していたそう。中学では有名なクラブチームにも所属した経験があると話していました」(前出・テレビ局関係者)

プライベートでは子煩悩な一面を見せていた桜井。翌’08年には三男も誕生し、一家が快適に暮らせるようにと新居も構えた。

「都内の閑静な高級住宅街にあり、地上2階、地下1階からなる瀟洒な豪邸です。桜井さんは’03年頃に7億円で購入した家を約4年かけて取り壊し、建て替えたのです。新居は鉄筋コンクリートだけでなく一部、木造部分もあると聞いています。地下にはスタジオ、中庭には露天風呂もあり、当時は“10億円豪邸”と言われていました」(地元不動産業者)

そんな夢の新居がまもなく完成しようとしていた’08年9月、本誌は桜井を直撃。まだ新しかった以前の家を取り壊して、新築した理由を聞くとこう話してくれた。

「(以前の家は)海外仕様なので、高さに問題があったり……。キッチンに妻が立っても、子供たちから姿がまったく見えない状況だったんです。で、子供たちが見えるキッチン、ということを考慮して、最初は改築を考えたんですけど……。まぁ、いろんな意味で建て替えることにしたんですよ」

桜井がミュージシャンとして躍進し続ける陰には、子供たちの成長を一番に考える父親の姿があった。