「最終回の視聴率が19.7%と番組最高視聴率を記録したのも凄かったのですが、当日の午後0時45分からの再放送も11.7%と2桁超えですからね。NHKも深津さんには頭が上がらないんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者)

13年ぶり連ドラ出演となるNHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』で、再び株を上げた深津絵里(49)。

今回の朝ドラで“最年長ヒロイン”という肩書きもついた深津だが、意外だったのが、今作が13年ぶりの連続ドラマの出演だったことだ。

「やっぱり、50代で今一番上手な女優だと業界の皆が思ったんではないでしょうか。久しぶりだったこともあって、出たときの衝撃がありました。『カムカムエヴリバディ』で同じくヒロインを演じた川栄李奈さんや上白石萌音さんも素晴らしかったのですが、やはり深津さんの演技は経験値と格が違いすぎましたね。ストーリーの骨格となったのも深津さん演じる“るい”の人生を描いたものでしたから、最終的には深津さんの印象が強く残る結果となりました」(スポーツ紙記者)

過去には日本アカデミー賞で最優秀主演/助演女優賞のダブル受賞を果たしたこともある深津。今回の朝ドラでは、改めてその演技力の高さを見せつける形となった。その結果、彼女にはいま『カムカム』バブルが到来しているという。

「テレビ各局はもちろん、映画や舞台でも深津さんの獲得合戦がすでに勃発しています。その際に、みんなが力を入れているのは脚本です。

彼女は作品の大小ではなく、内容をきちんと聞いてから出演するかどうか決めると言われています。実際、朝ドラでも彼女の心を動かしたのはオファーの際に制作陣が書いた手紙でした。今回の朝ドラでは初めて3人でヒロインをやるという構成でしたが、その意義を手紙にしたためて直訴。それが、深津さんの心に響いたそうです。

そのため『深津さん獲得のカギは彼女の心を動かす脚本が書けるかどうかだ』というのが、業界にも広まっています。深津さんに合わせた“あて書き”のような脚本を用意している人も少なくないと聞きました」(芸能事務所関係者)

深津といえば、現場に台本を持ち込まないことでも有名だ。そうした姿勢も、彼女の現場評価を高めているという。

「彼女はすべての準備をしてから来るので、現場でのトラブルもありません。周囲にきつくあたることもないため、誰もが『また共演したい』と思う女優さんですね」(テレビ局関係者)

深津の同世代といえば、宮沢りえ(49)、鈴木京香(53)、天海祐希(54)などの実力派が揃っている。そんななかでも、今回の朝ドラの成功で「やはり深津は格が違う!」と混戦から一歩抜け出た形となったようだ。