伝説の俳優・松田優作さん(享年40)を父に持ち、アーティストとして活動する松田ゆう姫(34)。

昨年4月から『5時に夢中!』(TOKYO MX)の水曜コメンテーターに就任して1年あまり経つが、番組内での発言がたびたび炎上する騒ぎとなっている。

5月25日の放送回では、「誰かに激怒された経験があるか」との話題を振られた松田。すると「結構前ですけど」と前置きした上で、一緒にいた友人が電子タバコの歩行喫煙を注意されたエピソードを披露した。

後ろから「路上で歩きタバコを!」と70代くらいの男性に怒鳴られたといい、「心臓が止まるくらいびっくりした」という松田。だが、男性の怒鳴り声に不快感を抱いたとして、「そのまま、おじさんのところに行って『その怒り方はないんじゃないですか?』って怒り返した」と明かした。

この話に耳を傾けていた共演者のヒコロヒー(32)は仰天。条例によって路上喫煙を規制する市区町村もあることから、ネット上では賛否の声が相次いだ。

《歩きたばこをする友人に注意をしなければいけないという社会常識を持たない人物をコメンテーターとして番組に出させてはいけないと思います》 《歩きたばこはよくないが、注意の仕方は間違っている。松田さんを一方的に攻めるのは、違う》

そんな議論を巻き起こした松田だが、批判の声に対して“逆ギレ”するような行動に出たのだった。26日午後、松田は次のようにツイート(現在は削除済み)。

《ゴジムでの発言に関して断面だけ見て判断してくるアンチの皆様 よしよし、わーった、わーった しかないです。 Get a life(放っておいて)》

■問われるコメンテーターの資質

これまでも松田の発言は、たびたび物議を醸してきた。今年2月にも『5時に夢中!』で、“電車の中でリップを塗っていたらおじさんに怒られた”というエピソードを披露していた。

その際も、「イラッとして、『えっ、どうしてですか? なんでダメなんですか?』って聞いたの」と注意してきた男性に言い返したという松田。すると男性から「周囲に迷惑がかかっている」と指摘されたといい、電車内の人たちに「ご迷惑でしたか?」と尋ねるも無視されたと語っていた。あるテレビ局関係者が言う。

「ゆう姫さんのこのような突飛なエピソードは、今に始まったわけではありません。過去にもバラエティ番組で、反抗期の時期に母・美由紀さん(60)から『出ていきなさい』と叱られたエピソードを語っていました。ですがゆう姫さんは『お母さん出て行けば?』と言い返したそうで、美由紀さんが出ていく羽目になったといいます。

飾らない性格のゆう姫さんですが、自分の身に起きたことに対して反発的な態度をとったエピソードをあっけらかんと話す傾向にあります。現在のようなコメンテーターの立場とあれば、なおさら『共感しづらい』と感じる視聴者も多いのではないでしょうか」

過去には自らの言動について、インタビューでこう語っていた松田。

《私の言葉や行動が時には自己中心的に聞こえるかもしれないけれど、そうやって自分の機嫌をとりながら豊かな時間を過ごしていくことで、その先に、自分だけの光が見えてくることもあるんです》(’21年4月24日付「FRIDAYデジタル」)

だが、テレビでの炎上発言を繰り返す彼女に、コメンテーターとしての資質を問う声が上がっている。

《ご自分は影響力の有る、テレビで言いたい事を言い、それに対して誰かが何か(主に反論・批判)を言うのは、「黙れ!!」ってのは、あなたにとって、ご都合が良過ぎな話ではありませんか?》 《マナーの悪い行為をし、挙句に逆ギレしたというエピソードをテレビで話すって、居酒屋じゃないんだからさ…》 《他の5時夢コメンテーターと違う感じする、やはりこの方は。ずっと使い続けるのかなぁ。交代にちょうど良い機会な気がするけど》