「いちばん気を使わずに演出できるかなと思って、彼にお願いしたところ、快く引き受けてくれました」

こう語ったのは水川あさみ(38)。6月20日、都内で行われたアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2022」に登壇した際の発言だ。

山田孝之(38)らがプロデューサーを務める短編映画の制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」で、監督デビューした水川。記念すべき第一弾の作品『おとこのことを』に、夫の窪田正孝(33)を起用したのだ。

最近、こうした俳優夫婦が仕事でも“タッグ”を組むケースが増えている。

「例えば、賀来賢人さん(32)と榮倉奈々さん(34)や、松田翔太さん(36)と秋本梢さん(34)も夫婦でファッション誌の表紙を飾りました。夫婦でひとつの作品に携わることは何より話題性を高めますし、勝手知ったる仲だけに他の仕事にはない安心感もあるようです。夫婦円満のイメージも高まるといった効果も期待できるでしょう」(芸能関係者)

夫婦として“初タッグ”を組んだ水川と窪田。2人は結婚当時の’19年9月、「これまで以上に謙虚に高みを目指し役者業に専念すると共ににぎやかで面白い家庭を築いていきたいと思っています」とコメントを発表していた。

今年で結婚3年目を迎えたいまも、公私ともに支え合っているようだ。窪田は今年1月にインスタグラムのアカウントを開設。その際、水川がインスタグラムのストーリーズで、「窪田が公式インスタを始めたみたいですのでよろしくお願いします」と紹介していた。

本誌は、窪田が家庭を最優先にする姿を目撃している。窪田がNHK連続テレビ小説『エール』で主演を務めていた’20年7月下旬。夕方6時30分を過ぎた頃、あるマンションの前に止まった1台の車から黒いキャップにマスク姿の窪田が出てきた。実は、この日は水川の37回目の誕生日だった。

窪田は仕事現場からまっすぐ帰ってきたようで、収録を終えて約30分後には到着。一刻も早く妻の誕生日を祝いたかったのか、車を降りるやいなや自宅マンションに猛ダッシュ。多忙なスケジュールの合間をぬって、妻の誕生日を自宅で過ごしたようだ。

続いては、昨年5月に結婚を発表した星野源(41)と新垣結衣(33)。7月22日公開予定の映画『ゴーストブック おばけずかん』で、2人は初の“夫婦共演”を果たす。

「新垣さんが出演し、星野さんが主題歌を担当します。星野さんへオファーがあったのは、結婚発表の半年前の’20年冬ごろだったようです」(映画関係者)

そんな星野と新垣の初共演は、結婚前の’16年10月放送の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。その後、’21年1月2日放送の『逃げ恥新春SP』で再び夫婦役を演じた。

本誌は’20年10月に、『逃げ恥新春SP』での“婚前”撮影現場を目撃。2人は横浜にある大手ベビー用品店で撮影をしていた。新型コロナウイルス対策のためか、現場では互いに距離を取り、監督の指示を聞いているようだった。だが撮影が始まると、途端にラブラブな雰囲気に。その後も新垣が優しくほほ笑みかけると、星野が恥ずかしそうに笑みを浮かべる一幕もあった。

最後は、今年で結婚10年目となる柄本佑(35)と安藤サクラ(36)。今年1月に公開された『殺すな』(時代劇専門チャンネル、一部劇場上映)が、夫婦にとって初の時代劇共演として注目を集めた。

互いに実力派俳優として活躍する2人。結婚以前からも共演経験はあり、いまでは夫婦の垣根を超えた信頼関係を築いているという。

「映画では’09年の『僕らは歩く、ただそれだけ』が初共演作です。結婚後は’13年に声優として『きいろいゾウ』、’17年の『追憶』でも共演しました。お互いに俳優として尊敬し合っていて、いまでは何も話さなくても分かり合える関係性だといいます。安藤さんは撮影本番前に、柄本さんの顔を思い浮かべて気合いを入れることもあるとか。『殺すな』では柄本さんと安藤さんのラブシーンもありましたが、夫婦だからこそ肩の力を抜いて臨めたようです」(映画関係者)

そんな2人が多忙な合間をぬってデートを楽しむ姿を、本誌は目撃している。’15年12月の上旬、白い息を吐きながら自転車で疾走してきたのは安藤。自転車を降りると、飛び込むように古着なども取り揃えているセレクトショップに入っていった。実は、この店で柄本が彼女を待っていたのだった。

セレクトショップのほかにも、ブティック、ベーカリー、メガネショップなどの店で買い物を楽しんだ2人。デートを終えると、安藤はそのまま仕事に向かう夫の背中を見送り、再び自転車にまたがって家路へとついた。

注目を集める有名人夫婦たちのタッグ。その陰には、互いに信頼し合う強い絆があるのだ。