「どんなときも明るく、『大丈夫、大丈夫』って。全部プラス思考というか、マイナス思考ゼロみたいな」

妻の“好きなところ”についてそう語っていたのは、シンガー・ソングライターの藤井フミヤ(59)。

彼は6月18日放送のトークバラエティ番組『人生最高レストラン』(TBS系)にゲスト出演し、チェッカーズ時代の秘話や妻とのなれそめなどを明かした。

「福岡県久留米市出身のフミヤさんと奥さんのA子さんが知り合ったのは2人が高校1年生のときで、18歳から交際をスタートしたそうです。挙式したのは'90年6月29日、秋篠宮さまと紀子さまのご成婚と同じ日でした。

交際を始めてから42年、結婚してから32年という藤井夫妻ですが、その絆の強さに、番組の共演者たちも感嘆の声をあげていました」(芸能関係者)

特に共演者たちを驚かせたのは、フミヤのこんな告白だった。

「(妻と)手はね、つなぐのはなんかふつうですね。いまやこのくらいになると、足元も危ないっていうのもあるしね」

この7月で還暦を迎えるフミヤだが、とてもそうは見えないさわやかな笑顔を見せていた。

フミヤの仕事関係者は、夫妻の関係についてこう語る。

「A子さんはデビュー前から支えてくれた、いわゆる“糟糠の妻”です。一時期はフミヤさんの事務所の代表取締役も務めていました。当時は、まだ高額納税者も公表していましたから、A子さんの名前も“フミヤ夫人”として新聞に載っていたのです。

ちなみに'00年度のおもな著名人の納税額ランキングですと、A子さんは、藤圭子さんと、北野武さんの元夫人・幹子さんの間になっています。いつのころからかフミヤさんはA子さんを“幸運の女神”として信仰に近いような気持ちを抱くようになったようです」

フミヤによれば、国鉄に就職していた彼が、上京してチェッカーズとしてデビューし、さらにブレークできたのもA子さんのおかげなのだという。彼はインタビューで次のように語っている。

《俺、神とか超能力とかあまり信じないほうだけど、彼女に関しては目に見えない運命の力みたいなもんを感じるよね。(中略)彼女が東京の学校に通っていたからね。デビューするってことより、彼女を追っかけて東京へ行ったってほうが正解かな。でも東京へ行って1年後にはチェッカーズでデビューしちゃってたんだ、俺。もし、あのとき彼女を追って東京へ行ってなかったら、今ごろどんな人生送ってたかな》(『MINE』'01年1月号)

超人気アイドルだったフミヤだが、結婚について後悔したことはないようだ。

「'88年にシブがき隊を解散して、しばらくした後、布川敏和さん(56)が当時交際していた、つちやかおりさん(57)との結婚を悩んでいたそうです。2人で新婚当時のフミヤさんの自宅を訪れると、こんなアドバイスをしてくれたのだとか。

『俺を見てみろよ。アイドルなのに結婚したって、女のコのファンもついてきてるだろ。もうアイドルだから結婚できないなんて時代じゃないんだよ』

その言葉に背中を押されて、布川さんは結婚を決断したのです」(芸能プロダクション関係者)



■42年間で培った“2人のルール”とは

交際を始めたころから、ずっと手をつないで歩いているというフミヤとA子さん。42年間で培った“2人のルール”はこれだけではないという。

「“ケンカは絶対に長引かせない”ということです。会話がなくなると、どんどん溝が深まるという考えで、ケンカになっても、すぐにどちらかから話しかけるようにしているのだそうです。

それに2人のお子さんが成人する前も、“夫婦だけで”食事に行く機会を作っていました。家にいてストレスのはけ口がなかった奥さんへの気遣いですね。

同じような気遣いという意味では、フミヤさんは仕事関係者との食事会に行っても、二次会に参加することはほぼないと聞いています。奥さんが寂しがり屋で、フミヤさんが遅く帰ると機嫌がよくないのだとか」(フミヤの知人)

7月には日本武道館で60歳記念ライブ、10月からは弟・藤井尚之と結成しているF-BLOODの全国ツアーを控えているフミヤ。

いまも充実した音楽人生を歩んでいるのは、幸運の女神の心を離さなかったからなのか。

《(夫婦は)お互いいいところもあれば悪いところもある。ガタガタのハートの半分と半分が合わさって、やっと一つのハートができるんじゃないかな》(『LEE』'97年2月号)

藤井夫妻のガタガタハートは、いまもピッタリと合っているようだ。