《活動を休止しておりました前山剛久ですが、本人からの申し出を受け、6月30日をもちまして、株式会社ワタナベエンターテインメントを退社することになりました》

6月30日、所属事務所の公式サイトを通じて、俳優の前山剛久(31)が事務所の退社を発表。さらに芸能界を引退することがわかった。前山は心身の不調のため活動休止中だった。

昨年12月18日に亡くなった神田沙也加さん(享年35)と交際していた前山。同月22日には次のように追悼文を発表していた。

《私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました》 《神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします》

しかしその直後、沙也加さんと前山のトラブルが報じられた。

「前山さんと沙也加さんがマンションの契約をめぐって口論になった際、前山さんは沙也加さんに向かって罵倒する発言を繰り返していたと『週刊文春』が報じました。何度も厳しい言葉で罵倒する前山さんに、沙也加さんは涙声で応じていたといいます」(芸能関係者)

報道を受け、1月5日に前山は活動休止を発表。所属事務所は《昨年末より心身に不調をきたし現在も治療を続けておりますが、未だ仕事をすることが困難な状況にある》と説明していた。

しかし、“罵声報道”に対して説明をしないまま、引退を選んだ前山。SNS上では、そんな前山に疑問の声があがっている。

《引退ね…結局、何の説明も無く濁したまま逃げたという印象しかない》 《前山引退の前にせめて自分の口から説明しろよ》 《あんだけ騒ぎになってたんだからせめて事実かどうかだけでもちゃんとハッキリして説明して欲しかったわ前山さん》

このように前山への不信感を募らせる人もいるいっぽうで、過度な批判に疑問を唱える声も。

《前山さんに誹謗中傷することは精神的に攻撃してるのと同じだと思うし、何が真実か、二人の間でしか分からない事もある。何が本当で何が嘘かも分からない中誰かを叩いたり、関係の無い第三者が責めるのは違うと思う》 《前山さんのやった事、本当ならヤバすぎるのは当然なんだけど、わからない状態で正義ヅラして執拗に誹謗中傷してた奴らもやってることは同罪なんだけどな。なんでその人達って自分のやった事は棚上げなの?》 《どうでもいいとは思わないけど、何をしても言っても沙也加は帰ってこない》