新型コロナの猛威は今も続くものの、緊急事態宣言といった対策が緩和され、少しずつ以前の生活が戻りつつある日本。しかし、その一方、ロシアがウクライナへの侵攻を開始するなど、緊迫した世界情勢が続いている。そんな2022年の上半期、芸能界や皇室でも驚きの出来事が次々と起きていた。本誌が目撃してきた上半期のスクープのなかでも、特に反響が大きかったものを改めて紹介する。

コロナ禍による延期を経て、いよいよ11月に歌舞伎界屈指の大名跡である市川團十郎を襲名する市川海老蔵。市川新之助を襲名する息子の堀越勸玄と親子二人三脚で歩む海老蔵だが、今年春に義姉からまさかの“告発”を受ける事態に。そして、その余波は自分の“大切な人”にまで及ぶことになり……(以下、2022年4月19日号掲載記事)※年齢は掲載当時のママ

《結婚してから約4年間海老蔵のせいで生き地獄でした。いくら甘すぎる私でも許すわけにはいきません。条件を提示し、許すかどうかとなるでしょう》

3月30日、ブログで義弟・市川海老蔵(44)への憤りを綴った、小林麻耶(42)。

「麻耶さんは、元夫で整体師の國光吟氏(38)と離婚したのは昨年4月だと明かしていました。海老蔵さんからは、“離婚したことは発表しないほうがいい”とアドバイスを受けたようです。

ですが、海老蔵さんが同年10月に投稿したブログによって、麻耶さんは離婚が示唆されてしまったと認識しているそうです。そのため、海老蔵さんのファンから誹謗中傷を受けたと訴えていました。麻耶さんはそのことに加え、海老蔵さんに関する出来事を次々と告発。両親と絶縁して、3月28日には國光氏と再婚するとも発表しました」(芸能関係者)

國光氏と麻耶はYouTubeで、

《妹が標準治療にいくまでにある空白の時間があります。そこの治療を勧めていたのは海老蔵です》《(妹が)ものすごく苦しくて本当に大変なときに競馬新聞を病室で開き、競馬を見ながら楽しんでいましたよね》

などと海老蔵批判を繰り返していたが、今はすべて削除している。

「麻耶さんは以前から幾度となく求めてきた謝罪を海老蔵さんが申し出たことを報告しました。しかし、海老蔵さんとこのまますんなり和解できるとは到底思えません。いっぽうの海老蔵さんは現在まで麻耶さんとの騒動について一切、語っていません。今後も話すつもりはないそうです」(前出・芸能関係者)



■調子が思わしくない実母・希実子さんの面倒は主に海老蔵の妹が――

義姉との関係が冷えきるなか、海老蔵は実母との距離も離れたままだという。昨年6月、本誌は海老蔵と母・希実子さん(69)との“亀裂”を報じている。

「昨春、海老蔵さんが生まれ育った実家が密かに松竹によって売却され、解体されました。 もともと、あの敷地面積300坪の実家は海老蔵さんの祖父・十一代目の團十郎さん(享年56)が’61年に建てたもの。その家を先代の團十郎さん(享年66)が守り続けました。希実子さんにとっても亡き夫との思い出がいっぱい詰まった家を失い、大きなショックを受けたようです。『なんとか買い戻してほしい』と海老蔵さんに訴えたのに、聞き入れてもらえなかったそうです」(歌舞伎関係者)

海老蔵は現在、長女・麗禾ちゃん(10)、長男・勸玄くん(9)と暮らしているが、希実子さんは海老蔵の妹・市川翠扇(42)と暮らしているという。

「少し前から希実子さんは足腰の調子があまりよくなく、翠扇さんが日ごろのお世話をしていると聞いています。海老蔵さんが希実子さんを積極的にサポートしているという話は聞こえてきません」(前出・歌舞伎関係者)

そんなさなか、3月に海老蔵に女性たちとの密会報道が――。

「“まん延防止等重点措置”のなか、都内で女性と密会する姿や、ホテルでお金を渡すなど4人の女性が登場する記事でした。人気インフルエンサーの20代女性には、SNSのメッセージ機能を使って海老蔵さんから声を掛けたとか。海老蔵さんは、こうした“SNSナンパ”を頻繁に繰り返しているそうです。

昨秋に複数の女性との交際が報じられたこともあり、歌舞伎界の重鎮たちも大看板を汚す彼の言動には、さすがに呆れ果てていると聞いています」(別の歌舞伎関係者)

昨秋の報道では、海老蔵は地方公演先の岡山で“A子さん”、そして鳥取で“B美さん”と密会。3泊4日の間に“二股交際”をしていたことが伝えられていた。



■海老蔵は友人に「ゆくゆくは彼女と再婚したいんだ」と漏らし……

海老蔵の知人は声を潜めて言う。

「海老蔵さんが“SNSナンパ”をしているという記事には、本当に驚きました。今年のお正月に海老蔵さんに会ったときは『ゆくゆくは彼女と再婚したいんだ』と言っていたので、てっきり関西に住んでいる本命恋人との再婚を真面目に考えていると思っていたからです」

コロナ禍によって延び延びになっている團十郎襲名を控えるなか、市川宗家一門を束ねる海老蔵としては再婚という選択肢を現実的に考えていたようだ。

「しかし、海老蔵さんいわく『麗禾の壁が……』と、娘さんがまだ再婚を受け入れられないような口ぶりでしたので、もう少し時間がかかるのかなと感じていたんです。そこに“SNSナンパ”の報道が出たので心配になって、海老蔵さんの友人に連絡したところ、『実は(本命の)彼女と連絡がまったく取れないんだ……』と海老蔵さんがポツリと漏らしていたそうなんです」(前出の知人)

この本命恋人こそ、なんと昨秋に報じられた30代女性“B美さん”だというのだ。

「昨秋の二股交際の記事を見て、B美さんが愛想をつかしたようですね。“浮気”していたとわかって、かなり傷ついたのでしょう」(前出の知人)

実はB美さんは、海老蔵の贔屓筋の紹介で出会った令嬢だという。

「B美さんも結婚を前提として海老蔵さんと真剣交際していたようです。それなのに、まだ女遊びをやめない海老蔵さんに、堪忍袋の緒が切れたんじゃないですかね……。B美さんはすでに別れを決めているようです」

義姉、実母、さらに結婚を意識していた本命の恋人までも、海老蔵から離れていく――。

「いまの海老蔵さんは寂しいのか、生活がますます荒れているようで、正直心配です。来るべく一大イベント・團十郎襲名披露興行にあたっては、お母様・希実子さんの協力は不可欠です。離れ離れになった家族の結束がまさに必要な時期なのですが……」(前出・歌舞伎関係者)

周囲の女性たちの相次ぐ離反にあっても、海老蔵はまだ頑なな振舞いを続けるのだろうか――。