《ちなみに離婚は成立しました せめて彼の誕生日が終わるまで仲直り夫婦でいること、我慢してました》

8月15日、インスタグラムのストーリーズ機能でこう報告したのは坂口杏里(31)。さかのぼること6月8日に、格闘家でバー店長の進一氏との結婚を発表したばかりだった。しかし、わずか2カ月で結婚生活にピリオドを打ったようだ。

ストーリーズの別の投稿では、《何度も話し合いしよう って言ってたけどまともな話し合いしたことないかも dmで、杏里ちゃんが話し合いしようって言ってるのに話し合いならないですね…ってめっちゃくるけど今考えるとそうだね!》と意味深な投稿も。

結婚報告時はインスタに《一生一緒にいます。一生幸せな結婚生活を送ります》などと宣言し、進一氏とのラブラブぶりをアピールしてきた。しかし7月に入ってからは、夫への不満を書き込むなど徐々に異変が。

坂口は7月13日、インスタのストーリーズ機能で《そろそろ世間の印象くずしたろっか 黙ってることに我慢の限界 まじでいい旦那アピールやめなぁ》と投稿。進一氏との金銭トラブルを明かし、《どんな気持ちで元カノと使ってた食器道具でお弁当やご飯を作っていたか。どんな気持ちで元カノやら女と寝たベットで寝てるか》と怒りを滲ませていた。

また8月7日にも、夫との金銭トラブルについてこう投稿していた。

《お金約40万円貸してるのに 払う意思ない しまいには消費者金融(闇金)に杏里が借りた方が早く杏里に返せると言われました》 《今日一万は返せるよね? って言ったら10日の店の支払いあるから無理だよ と、きれらました。早く返す意思が見えなく うちも堪忍袋が切れました》

さらに、進一氏がイスを蹴ったり叫んだりする動画を公開し、《YouTubeでは自分の株価上げて、優しい旦那演じてますけどこれが本当の本性です。離婚したい。出て行きたい》とも綴っていた。

SNSを通じて夫の告発を続けてきた坂口だが、世間からはさほど同情を得られていなかったようだ。

「杏里さんと進一さんは、交際12日でスピード結婚したといいます。杏里さんの告発当初は、ネット上で心配の声が寄せられていました。ですが度重なる告発に、“夫婦のことを何でも晒すのはどうなの?”との声も上がるように。一度目の告発後はYouTubeチャンネルを開設し、夫婦の仲良しぶりをアピールしていました。にもかかわらず、再びの告発に『またか』と感じたファンもいたようです」(芸能関係者)

その一方で、進一氏もインスタを通じて応酬していた。

「進一さんは自らの誕生日の翌日、インスタグラムのストーリーズに杏里さんへの不満を吐露。誕生日に杏里さんの計らいで夫婦一緒に大阪を訪れたそうですが、仕事のために帰らなければならないことを杏里さんに告げたところ、『仕事を取るの?』と迫られたといいます。我慢の限界がきてしまったという進一さんは、《妻のTPOを弁えられない下品さには僕はもう耐えられません》《離婚を選ぶしか他無いです》などと綴っていました」(前出・芸能関係者)

結婚からわずか2カ月でスピード離婚をした2人。しかし、夫婦同士で“告発合戦”の泥仕合となっている有様に、呆れ声が上がっている。

《どっちもどっちだろ》 《こういう話を夫婦間ではなく、公の場に晒す時点でだめじゃない?》 《2人とも正当性をそれぞれsnsで綴ってますが、価値観がそもそも違う相手とろくに相手を知りもせず結婚したんだからどちらも悪い》 《どちらもSNSでお互いの事を言い合うことが良くなさそうですね。話し合えないのも良くないし、どちらも自分の事を見つめなおさない限り先にはすすめなさそう》