住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、憧れていた男性の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「吉田栄作さんの『心の旅』(’90年)は、私が初めて買ったCD。当時の細長いシングルのケースを、買ったままの状態で大事に保存していました。吉田さんの柔らかそうな笑顔は優しさが全面にあふれていたし、白いTシャツにデニムという飾らないファッションも、真ん中から分けたサラサラの髪をかき上げる仕草も、本当にカッコいい!」

こう“吉田栄作愛”を語るのは、女優の遠山景織子さん(47)。

年子の3人姉妹の次女。中学生時代はみんなで『夜のヒットスタジオ』(’68年〜’90年・フジテレビ系)などの歌番組を見て、それぞれの好きな歌手が登場するとビデオに録画していたという。

キョンキョン派でも中森明菜派でもなく、中山美穂派。

「’80年代から中山美穂さんの曲を歌番組で聴いていました。キレイでかわいらしくて、まさに憧れの存在。髪形もマネしていました」

中山美穂本人が作詞作曲を手がけた曲が3曲収録された12枚目のアルバム、『Jeweluna』(’90年)のジャケットには魅了された。

「中山さんが薬指にはめている指輪がかわいくて。地元のお店を何軒もまわって、似たような指輪を見つけたときはうれしかった! 柳葉(敏郎)さんと共演されていた『すてきな片想い』(’90年・フジテレビ系)のテーマ曲『愛してるっていわない!』(’90年)も印象に残っています」

中山美穂ファンだったからこそ巡り合ったのが吉田栄作。

「中山さんが主演の月9ドラマ『君の瞳に恋してる!』(’89年・フジテレビ系)で、初めて吉田さんのことを知って、すぐに大ファンに」

吉田の役は、ヒロインの大学の友達(田中美奈子)の恋人役。まだまだ、メインキャストではなかったが存在感は抜群。

「吉田さん目当てに毎号買っていた『明星』(集英社)のグラビアを切り抜いて、透明下敷きの中に。理科や音楽で教室を移動するときには、わざと吉田さんの顔がみんなに見えるように持って、“栄作ファン”であることを誇示していました(笑)」

ちょうどそのころ、「スカウトされたい」という友人に誘われ原宿に出かけた。

「私自身は、芸能界は考えたこともありませんでした。父が厳しい人で、歌手の横で踊るチアガールを見て『私もやってみたい』と言っただけで、すごく怒りだしましたから。私の目的は、竹下通りのタレントショップに行って、中山美穂さんや吉田栄作さんのブロマイドを買うことだったんです」

ところが、竹下通りで遠山さんは3人のスカウトマンから声をかけられた。

「3枚の名刺をいただきましたが、どこに電話をしたらいいのかわからず、いちばん最初に声をかけてくれた人に連絡しました。当時は電車に乗って遊びに行くことも禁止されていたので、父には原宿ではなく地元でスカウトされたことに(笑)。意外にも父は芸能活動を許してくれ、一緒に原宿に行った友人も応援してくれました」



■応募したオーディションを勝ち抜き、見事ヒロインに

吉田栄作のブロマイドを買いに行ったことで、偶然にも女優への道が切り開かれた。

「何回もオーディションを受けて、その全部に落選。案外、負けず嫌いだったので、『Olive』(マガジンハウス)のファッションをマネしたり、鏡の前でポーズや表情を作る練習をして、反省点を一つ一つ克服していきました」

’90年、麦芽飲料「ミロ」のポスターでデビューを果たしたとき、吉田栄作はトレンディドラマで主役を務めるまでにブレークしていた。

「仙道敦子さんと共演した『クリスマス・イヴ』(’90年・TBS系)が毎回、楽しみで……。本当は好き同士なのにすれ違ったり、仲直りしたり。2人の恋の行方が気になるし、“仙道さんになりたい”って思いながら、ドラマを見ていました」

彼女自身の芸能活動は、’92年に抜てきされた「サントリー南アルプスの天然水」のCMが大きな転機となったという。

「15秒、30秒という限られた時間でしたが、きちんとストーリー性がある作品。“もっともっと表現してみたい”という思いが強くなり、女優を目指すきっかけに」

そんな高校時代、話題となったドラマが、真田広之と桜井幸子が共演した『高校教師』(’93年・TBS系)。

「先生と生徒の恋愛というタブーをセンセーショナルに描いていたので、放送のあった次の日は『昨日、見た?』と必ず話題に。クラスにいつもスポーツ新聞を読んでいる男子がいたのですが、ある日の記事で映画版『高校教師』(’93年)の出演者を一般募集していることを知ったんです」

350人が応募したオーディションを勝ち抜き、見事にヒロイン・柏木繭役を射止めた。

「『繭だったら何を思って、どう考えるのか』を想像して、役になりきる訓練をしました」

台本を読み込んだうえで、裸でプールに飛び込むシーンも吹き替えなしで演じると直訴。

「恥ずかしいという思いもありましたが、なくちゃならない、絶対に必要なシーンだったので抵抗はありませんでした」

女優としては新人だったため、思うように演技ができず撮影を止めてしまうことも。

「大事なシーンのリハーサルには共演の唐沢寿明さんにお付き合いいただきました。気持ちを作れず、上手に泣けなくて苦しんでいたとき、唐沢さんが近くにやってきて耳元で『悔しいだろう』と。その一言がスイッチになって内側の感情が湧きだし、やっとOKが。私も大事な場面で、共演者の力を引き出す一言が言える役者になりたいと思いました」

着実に女優としてキャリアを積み上げた遠山さんは、多くの作品に出演したが、いまだに吉田栄作との共演はないという。

「デビューしたてのころに共演していたら平常心を保てなかったかも(笑)。でも、今、共演できるチャンスがあればーー。そんな素敵なことはありません」

【PROFILE】 遠山景織子 ’75年、東京都生まれ。オーディションで選ばれた映画版『高校教師』の演技で、主要な新人賞を総なめにする一方、『笑う犬の生活』などのバラエティ番組でも活躍。ナチュラルフード・コーディネーターの資格を持ち、お弁当関連の著作もあるほどの料理上手でもある