10月に入り、秋ドラマの本格スタートが近づいてきた。連日バラエティ番組には主演俳優がゲスト出演し、各局が宣伝に力を入れている。

そこで本誌は、男女500人に「秋ドラマで期待している作品」についてアンケートを実施。複数選択で、期待する理由についても回答を得た。

3位は吉沢亮(28)主演の『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系10月10日21時スタート)。

タイトルにもある通り、“子供のためのICU”を舞台にした、医療ドラマだ。広すぎるが故に搬送に長時間を要する北海道で、急患の子供たちの命を救うべく奮闘する小児科医の姿を描く。

昨年の大河ドラマ『青天を衝け』以来、初の連ドラ主演となる吉沢。20代ながら大河主演をやり遂げた功績もあってか、本作品の期待する理由として「主演俳優が好きだから」が2番目に多かった。1番多かった理由は「ジャンルが好きだから」。医療ドラマの人気は堅実のようだ。

「かつては恋愛ドラマが主流だった月9ですが、最近では医療ドラマでのヒットが続いています。映画化された『ラジエーションハウス』や、『コード・ブルー』の第2・3シーズンも月9枠でした。また、9月26日にスペシャルドラマが放送されたばかりの『監察医 朝顔』も月9発。主人公と父親が東日本大震災で家族を亡くした悲しみを乗り越えていく姿が感動を呼びましたが、『PICU』も同じプロデューサーが手掛けています。子供の命と向き合うヒューマンドラマが丁寧に紡がれるのではないでしょうか」(テレビ雑誌編集者)

2位は清原果耶(20)主演の『霊媒探偵・城塚翡翠』(日本テレビ系にて10月16日22時30分スタート)。

本作は、“霊が視える”能力を持つヒロインが、死者からのヒントを頼りに事件の謎に挑んでいくミステリー。原作は「このミステリーがすごい!2020年版」(国内編)をはじめ、ミステリーランキングを総なめした、人気小説シリーズだ。

原作人気が根強く、「シリーズが好きだから」と回答した人が多かった。また、「主演俳優が好き」と清原への好感を期待の理由に挙げる人も同数だった。

「ヒロインの城塚翡翠は“人形のように完璧に整った精巧な顔つき”の美しい女性。しかも瞳の色は翠(みどり)色という、非現実的な設定です。しかし清原さんの透明感が実にマッチ。カラーコンタクトで撮影に臨む姿も公開されていますが、原作ファンにも受け入れられているようです。

また、主題歌には清原さんの“事務所の大先輩”である福山雅治さんを起用。強力な援護射撃になるのでは」(前出・テレビ雑誌編集者)

そして、圧倒的1位を獲得したのは水谷豊(70)主演の『相棒season21』(テレビ朝日系にて10月12日21時スタート)。得票数は111票と、2位の2倍以上だった。

00年から始まった国民的刑事ドラマだけあり、「主演俳優が好き」「シリーズが好き」が大きな理由として挙がった。また、新シーズンでは初代相棒である寺脇康文(60)が14年ぶりに復活。「助演俳優が好き」を理由に挙げた人が最も多かったのも本作だ。

「寺脇さん演じる亀山薫は、’00年6月のプレシーズン第一話から登場した“元祖相棒”。’08年12月に放送されたseason7の第9話で南アジアにあるとされる架空の国・サルウィンに移住して以来、回想シーン以外の登場はありませんでした。

寺脇さんが情熱的な役作りをするあまりにスタッフとの関係が悪化し、次第に水谷さんとの関係もぎくしゃくするようになったという報道も一部でありました。それだけに、“不仲説”を乗り越えての復活は、ファンにとって感動もの。また、水谷さんも寺脇さんとの再会を心待ちにしていたそうで、新シーズンの撮影ではプレッシャーを抱える寺脇さんにアドバイスの言葉をかけるなどして緊張をほぐしていました」(制作関係者)

果たして、視聴者の期待に応えるのは、どの作品だろうか。

最終結果はこちら。

1位 『相棒season21』…111票 2位 『霊媒探偵・城塚翡翠』…51票 3位 『PICU 小児集中治療室』…43票 4位 『クロサギ』(主演:平野紫耀 TBS金曜22時〜)…40票 5位 『科捜研の女 2022』(主演:沢口靖子 テレビ朝日火曜21時〜)…39票

【調査概要】 実施期間:22年9月27日から22年9月28日 調査対象:15歳以上の男女500人 調査方法:WEBでのアンケート 『WEB女性自身』調べ(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)