11月29日、ミュージシャンの田中聖容疑者(37)が恐喝容疑で逮捕された。各報道によると、田中容疑者は昨年6月、ライブの出演料が支払われなかったとして、出演を仲介した京都市伏見区に住む30代の知人女性を脅迫。現金1万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで逮捕されたという。

‘13年9月、ジャニーズ事務所から「度重なる事務所へのルールへの違反行為があった」として解雇され、所属していた「KAT-TUN」も同時に脱退した田中容疑者。以降はアーティストとして精力的に活動してきた。

しかし’17年5月、大麻を所持していたとして現行犯逮捕。同年6月に不起訴処分となったが、今年2月に覚醒剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。6月20日に懲役1年8カ月、執行猶予3年を言い渡された。

ところが、それからわずか9日後の6月29日に再び覚醒剤を所持していた疑いで逮捕。今回の恐喝容疑だけでなく、違法薬物関係で3度も逮捕されている。

4度目の逮捕となってしまった田中容疑者だが、これまで本誌は彼の“ワル”な夜遊び姿を本誌は目撃してきた。一度目はジャニーズ退所から1ヵ月後となる’13年10月30日の深夜。都内のクラブで開かれたハロウィン・パーティーに、田中容疑者は仮装姿で現れた。

この日の田中容疑者は右目のまわりを黒く塗りつぶし、左目には蜘蛛の巣のペイントを施した化粧をしていた。さらに口元にも頬まで裂けたラインが引かれ、そこから赤い血が流れたような跡が。目にはカラーコンタクトが入っていたようで、黒目のない眼球が異様な雰囲気を醸し出していた。

さらに本誌は’14年10月にも、ハロウィンで仮装する田中容疑者を目撃。左目を十字に、そして口元は真一文字に切り裂かれた“傷だらけのピエロ”に扮していた田中容疑者。路上で友人と思しき女性たちに囲まれると、メイクの仕上げを施され、そして上機嫌でクラブへと入っていった。

今回の逮捕について、SNSでは《さすがに逮捕されすぎじゃないか》《また逮捕って》《また捕まったんだ…》と厳しい声が上がる田中容疑者。4度目の逮捕に、何を思うだろうか。