女優の片瀬那奈(41)が12月1日、ファッション通販サイトを運営する「株式会社ロコンド」の社員となった。先月から同社のYouTubeチャンネルで社員になることが発表されており、田中裕輔社長は「企画じゃなくて本当に。基本的に週5で働いてもらう」と語っていた。

TVやCMに引っ張りだこだった片瀬の運命が変わったのは昨年7月のこと。同棲していた恋人男性がコカイン所持により麻薬取締法違反容疑で逮捕され、片瀬も家宅捜索や尿検査を受けたことが報じられた。その後、23年間所属した大手事務所を退所し、現在はフリーランスとしてYouTube配信などをしている。

「捜査では片瀬さん自身の薬物使用は認められませんでしたから、本人としては芸能界でやり残した気持ちが多いでしょうね。同社の田中社長は宮迫博之さん、カラテカ入江慎也さんとコラボするなど、芸能界を追われたタレントに手を差し伸べる広い心を持っています。ほかに赤西仁さん、錦戸亮さんのブランドも取り扱っています。情報番組の司会を長く務めるなど発信力の高い片瀬さんなら同社の事業になおさら最適と判断したのでしょう」(テレビ局関係者)

片瀬にとってはこれが人生初の会社員生活。本誌はその初出社をロコンド本社前で待ったが、出社時刻の10時になっても片瀬は姿を現さない。もしや入社発表は話題作りに過ぎないのかという考えが頭をよぎった頃、7分遅れでタクシーから片瀬が降りてきた。ベージュのチェスターコートにメガネを掛けた彼女は、記者の直撃に少し照れながら朗らかに答えた。

――入社おめでとうございます。

頑張ります、フフフ。

――正社員ということですが名刺もあるんですか?

ありますよ。

――これからどんな仕事をしたいですか?

ロコンドのためにお客様により豊かになれるように、まだ新人ですけど頑張りたいです。

――ちょっと遅刻じゃないですか?

珍しくタクシーで来たら、30分くらい(道が)混んでて遅れてしまって(笑)。

――役職はあるんですか?

企画開発やマーケティング、モデルの仕事と社長室みたいなところで、いろいろな役職があります。

――今日はタクシーでしたが普段は電車で出勤する?

もちろんです。

――他の社員の方としゃべったりしましたか?

もちろん、もう何度も来ているので。(周囲は)若干戸惑いもある感じはしますけど、これから楽しくやっていきたいので、やっぱり会社はチームワークが大事だと思うので。

――芸能活動はやめない?

もちろんです。

――週5で働くと両立は大変では?

そうですね。でも体力が続く限りは頑張っていこうかなと。新しいことやれることに今はワクワクしています。

最後には、「あんまり面白いこと言えなくてすみません(笑)」と記者への気遣いも見せ、会社へ入っていった。

入社初日から思わぬ“重役出勤”となった片瀬だが、これには理由があったようだ。片瀬は前日夜、自身のYouTubeチャンネルで生配信を行ったが、ファンからのコメントを丁寧に返しているうちに配信時間は2時間半を超え、終えたときには日付が変わる直前だったのだ。

生配信では「20歳ぐらいの人に“オイ新入り”と言われたいですね。それぐらいフランクでいたいです。ドンドン来てほしいですよ」と語っていた片瀬。そのサービス精神で出世街道まっしぐらか。