6月24日、霜降り明星がYouTubeを更新。せいや(31)が粗品(31)に対し“説教”を行ったが、その内容が波紋を呼んでいる。

この日、「せいやが粗品の問題行動についてガチ説教します【霜降り明星】」というタイトルの動画を更新した霜降り明星。

粗品といえば、テレビ番組で元雨上がり決死隊・宮迫博之(54)に対して「おもんない」と言い放ち、自身のYouTubeチャンネルで痛烈にいじるなど最近の言動が波紋を呼んでいる。一部芸人仲間らからも非難の声があがっており、明石家さんま(68)もラジオ番組で「マジやったら、我々世代、芸能界では考えられない」とコメントするなど、先輩からも苦言を呈される始末。

今回の動画の冒頭、「ちょっとね、説教をさせていただきます」と切り出したせいや。粗品は「そんななんかあるか。説教されるような」と反応し心当たりがないようだったが、せいやは「まぁまぁちょっと言わしてもらうわ」と怒りの様子。「悪いな。相方としてあんまり言いたくないねんけど。もうこれは言わなあかんということで、いよいよ言わしてもらいます」と発言。

そして「お笑いはね、それはお互いの感性とかパフォーマンスでやってるんで。そこは説教とかではないです」と素行についての怒りだと説明。それでもピンときていなかった粗品に対し、「これがもうダメですね。俺がなんで説教に至ってるかっていうのも出てこないというのがさらに説教要素や」とさらに怒りが増していた。

ついに「言わしてもらおうか」と切り出し、最近の暴言に苦言を呈すかと思いきや……。こう怒鳴ったのだ。

「もうあと15日ぐらいで俺の結婚式。出席票お前だけ出してない! はよ出せぇ!」

なんと、暴言ではなく、締切を過ぎても結婚式の出席の返事をしないことに対して苦言したのだ。続けて「お笑いとかじゃない、人間として、友達としてアカン」と“説教”を行った。

粗品は申し訳なさそうにしながらも、「もっとなんか言われると思った、違うこと。『最近、言い過ぎやぞ』とか、そっちかなと」と発言。これにせいやは「いや、多分それで見てる人もおると思いますけど、出席票です」と返していた。

この動画がネットニュースになると、コメント欄では「肩透かし感にガッカリした」との声が。動画のタイトルから粗品の暴言への説教を期待した人も多かったようで、それをフリに使ったことに対し批判の声もあがっていた。

《どうでもいいし、せいやまで粗品の言動をネタにしだしたらコンビとして終っていくと思うけど。せめてどちらかは良識人じゃないと》 《粗品の問題利用した、ただのネタやん。仮に本気やったとしたら他所でやれ!と思うでしょ。 そしてなんも面白くない。いつになったらこの世代大人しくなるんだか》 《なんだ最近話題のことに対する説教と思って釣られた にしても、こういう話を動画にするのがもう説教じゃないじゃんネタじゃんって冷める》 《今話題になってる問題に引っ掛けて遊んだんだろうけど なんだかな、もったいない消費のしかたするな つまんねー》 《2人とも結局は世間の目をチャカしてるってのは解ったよ。吉本興業もこういうの放置という事か》